FC2ブログ

一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201809« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201811
愛知県議会選挙のポスター公費請求に監査請求提出!名古屋市議の実態も全面公開
 これまで何度か取り上げてきた 選挙ポスターの不正請求問題

 本日、オンブズマン議員ネットとして愛知県に住民監査請求書を提出してきました。
 監査請求写真
 (画像はクリックで拡大します)


 甘く見積もって30万円以上の金額が過大請求だという認識ですが、監査委員の都合「監査対象を少なくしてほしい」ということで、今回は70万円以上を請求した業者(立候補者)のみを対象としました。

 詳しくは、監査請求書をご覧下さい。
 
愛知県職員措置請求書(PDF)

 また、愛知県と名古屋市、更に豊川市、豊橋市を含めた1県3市に対してポスターの公費負担上限を30万円以下に減額する要望書も提出しました。

 これに合わせて午後1時より県庁にて記者会見を開きました。
 (冒頭の挨拶・趣旨説明を寺本、書類の詳細説明及び追加情報を倉橋、締めの言葉を山田が行いました。)

 三人の異なる地域の市議が連携して動いている事への質問などを頂いたり、話を聞きに来てくれた記者の人たちに感謝したい。


 さて、名古屋市に対しては『住民ではない為』監査請求を出せませんでしたが、全ての党派にいる「不正請求疑惑」の市議+立候補者データをココに公開いたします。

 名古屋市民で住民監査請求をされたい方、協力惜しみませんのでご連絡下さい。
 ポスター公費請求額一覧(名古屋市Ver.PDF)
 (党派別の掲載順は、各政党の最高額請求者の金額順です)

 【各党派別請求者の分布+選挙ポスター公費負担平均額】 
党派候補者数30万円以上30万円未満一人平均請求額
みんなの党8人7人1人60万2508円
公明党12人12人0人54万7783円
自民党24人19人5人46万8678円
民主党27人21人6人43万2271円
減税日本41人22人19人38万0066円
共産党16人11人5人32万9897円
無所属6人4人2人49万5922円
 (政党や会派関係なく、候補者個人で大きな差がありますのでご注意下さい)

 これを見て貰えば分かるかと思いますが、すべての政党に公金意識の薄い候補者がいます。

 選挙を闘うときから、税金を散財・不正受給する。

 そんな政治屋を私たちは許しません。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2011/10/25(Tue)23:01 |
| 市民オンブズ活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
こんな調査で終わらせてる!住民監査請求の結果。
 以前、2011年度の選挙ポスター公費負担について住民監査請求を出した結果が来た。
 Scan10005.jpg 
 (クリックで拡大。赤枠内を後で触れます。)

 ある意味、想定通りの「問題なし」との結果である。
 それでも、どのような調査をしたのか「調査した資料一切」を情報公開させた。

 開示された文書は257ページ。

 そのうち、247枚はどうでもいい資料であった。
 例えば、選挙の時に提出する契約書だとか、既に私が取り寄せていたものだったり。

 そして、10ページは各業者に「何故、こんな値段になったのか。」を問うた調査票である。
 そこに書かれていた内容は業者ごとにバラバラであった。

 【ケース1】
 「用紙代」「企画代」といった内訳とその金額が示されている。
 Scan10002.jpg

 【ケース2】
 「用紙代」「企画代」といった内訳のみ(金額は無し)。
  Scan10003.jpg

 ケース3】
 「一枚単価」と「枚数」を書いているだけ。
 Scan10004.jpg


 ・・・恐れ入った。
 一枚単価など、すでに私が出した住民監査請求の添付資料に乗せている。
 (平成23年7月26日 住民監査請求書の4ページに全議員の単価を示しているのだ)

 こんな調査票で許すなら、監査も無駄じゃないか。

 監査結果の赤枠中を見直してみよう。
 「回答によれば、ポスター作成費の請求内容(内訳)は~」とある。
 
 どう見ても、一社内訳を示していない。

 監査委員は
「行政運営に関し優れた見識を有する者」が選任される。
 市民の思う「優れた見識」と「行政運営に関し優れた見識」はズレているのではないか。 

 【10月11日追記】
 ① 金額の非開示(黒塗り)部分を公開するよう求める異議申立を行いました。
 ② 監査結果と監査資料の内容がおかしい点について異議申立を行いました。


 *追記
 異議申し立ての結果が出ました!

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2011/10/05(Wed)23:51 |
| 市民オンブズ活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
公開質問状の回答
 9月16日の公開質問状に対する回答文書を、本日15時に受け取りました。

 その「山脇市長からの回答」を公開いたします。
 (原文のままですが、大事な部分の文字強調しました。)

平成23年9月22日

豊川市議会議員(豊川市民オンブズマン)
   倉橋 英樹 殿

豊川市長 山脇実

「やまわき実のマニフェスト」の資料提供に関する公開質問状について

 このことについて、平成23年9月16日付けで提出されましたが、それに対する私の回答は下記のとおりです。

  質問 1 
配布物はマニフェストを含めて一つにまとめて配られており、また用紙・文章形式も他の課が作った資料と同じものに見受けられる。
当該マニフェストは(資料)は公費、または市職員によって作成されたものであるか。

  回 答 
 このマニフェストは、政治姿勢を「市民との対話」とし4年間の活動の中で市民の皆様の意見を元にして、副市長と協議し、最終的に私自身が決定したものです。一般職員については、このマニフェスト作成に一切、関わっておりません。
 次に市議会議員向けの配布物部ひとつにまとめて配られていることについてですが、9月5目の定例記者会見後に、臨時記者会見で私のマニフェストを発表しました。通常、秘書課では、記者会見資料を市議会議員への情報提供の一環として配布しており、今回は、二つの記者会見資料を同時配布したとのことです。
 マニフェストは、わたしからは臨時記者会見用の部数しか用意してなかったため、市議会議員向けのマニフェストは、情報提供のため秘書課で印刷したとのことです。
 

  質問 2 
当該マニフェスト(資料)が公費、公務によって作成されたのである場合、公務員職権濫用にあたらないか。

  回 答  
 マニフェスト作成には、一般職員は関わっておらず、また、市議会議員へのマニフェスト配布は、情報提供として必要と秘書課で判断したもので、職権濫用には当たらないと考えます。



 回答はご覧のとおり、「市長に非はない」という姿勢です。
 ちょっと秘書課に万一の責任を負わせるみたいな文章も気になりますが・・・早期に回答を頂いたこと自体は評価したい。

 また、【一般職員がマニフェスト作成に、関わっていない】という部分も信用してここまでは理解できます。
 (9月25日追記)回答そのものに疑義が生じたため、訂正。
 回答が嘘だった可能性も浮上した為、再調査・対応検討しています。
 

 しかし、ここからが問題・・・
 【市議会議員向けのマニフェストは、情報提供のため秘書課で印刷した
】。

 秘 書 課 で 印 刷 し た ?
 (市役所のコピー用紙・機材を使ったということ。)

 これはまずいと思い、
 「公費での印刷は疑問がある。今後はしないように」と求めましたが・・・
 市長側からは「違法性があるようなら対応・検討する」とやんわり返されました。

 因みに、地方公務員法・36条の2(政治的行為の制限)では一方に肩入れするような「公共財産の政治的利用を制限」している。

 論点は2つ。
 ①例えマニフェストのようなものでも、「情報提供」ならば公費で印刷しても良いのか。
 ②「情報提供としての必要性」が本当にあるのか。また、市長以外の候補者の取り扱いをどうするのか。

 私は公務員の中立性が疑われる行動はとるべきでないと思っている。

 選挙の公平性にも関わるだろう。

 
さて、皆様の見解はどうだろうか。

 追記2011/9/26
 対立候補となる高柳淳子候補の記者会見資料も本日付けで配布されました。
 「双方の資料を配らなければ公平性に欠ける」と伝えたとき、すぐには理解して頂けなかったものの、今回配布されたことで「マニフェストを議員に配布することの公平性」は保たれたと思います。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2011/09/22(Thu)23:25 |
| 市民オンブズ活動 | comments(2) | trackbacks(0) |
市長に公開質問状を提出(職員にマニフェストの作成配布させた疑い)
 本日、私の名前で山脇実豊川市長に公開質問状を提出しました。

 発端は、9月5日に議会事務局の議員用ポストに市が作成したと思われる「やまわき実のマニフェスト(5ページ)」が、秘書課名で配られたところにある。

 110917_012404.jpg110917_012256.jpg110917_012340.jpg
 (左は秘書課から配布された資料の表紙。この中にマニフェストがあった)

 現役市長とはいえ、マニフェストは通常選挙用のものである。
 情報周知、サービスで市長の二期目への考えを教えてくれたのだろうが、公費・公務でマニフェストを作らせ、配ることは良いのだろうか。職権濫用ではないか。

 また、もし対立候補がいたらどうか。
 対立候補のものまで配らないと公平性に欠くだろうが、配られるとは思えない。
 そもそも、市職員がマニフェスト(配布資料)を作ること自体が公職選挙法にひっかかりそうである。

 そこで、下記の文章を市長に提出しました。

 質問状の中身です↓

2011年9月16日

 豊川市長
 山脇 実 様

豊川市議会議員(豊川市民オンブズマン)
豊川市御津町広石広国49番地1
 倉橋 英樹 

「やまわき実のマニフェスト」の資料提供に関する公開質問状

 時下 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 平素より豊川市の発展のため、ご尽力くださり厚く御礼申し上げます。

 さて、今回山脇実市長は9月の定例記者会見で、2期目出馬の意向とともに「やまわき実のマニフェスト」を発表されました。
 その後、2011年9月5日に豊川市企画部秘書課より、「9月の定例記者会見でお知らせした内容は、下記のとおりです。」として、各課のお知らせ(資料)と一緒に少なくとも豊川市議会議員全員に当該マニフェストが配布されました。そこで、お伺いいたします。

 なお、この公開質問状の内容及び回答について、報道関係への公表とインターネットでの公開も予定しておりますので、ご了承ください。

 以下、質問項目。

 
1. 配布物はマニフェストを含めて一つにまとめて配られており、また用紙・文章形式も他の課が作った資料と同じものに見受けられる。
  当該マニフェスト(資料)は公費、また市職員によって作成されたものであるか。

 2.当該マニフェスト(資料)が公費、公務によって作成されたのである場合、公務員職権の濫用にあたらないのか。

 以上2点についてご見解を、9月末日までにご回答ください。


にほんブログ村 政治ブログへ
| 2011/09/17(Sat)02:59 |
| 市民オンブズ活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
オンブズ議員ネット設立集会のお知らせ。
 8月9日、新城オンブズマンが設立されて山田市議がその代表についた。
 これで東三河に3人のオンブズマン議員が誕生したことになります。

 私たちオンブズマン議員の基本的行動は「情報公開」です。
 受け手となる市民には「正確な情報で市政を判断」していってもらいたい。

 選挙の時は、誰もがいいことを言う。腰も低くていい人にみえる。
 しかし、そのときだけの装飾された情報である。

 行政も原発問題をはじめ、「結論」が先にあると「それに沿った情報を流す」というのが基本になりがちだ。
 私は「自分の町の合併問題」から身近にそれを感じてきた。

 誰かが情報公開をし、伝えなくては「都合のいい情報に振り回されてしまう」。 
 正確な情報、多様な情報をもとに市民・国民が政治を選択していかなくてはならないのだ。

 豊橋、豊川、新城のオンブズマン議員は、これから共に協力して「情報公開」と「税金の無駄使い阻止」を訴えていきます。

 もちろん、3者3様で意見の違いもある。
 それらも含めて、皆さんに情報発信していくつもりです。

 【お知らせ】
 このままでは日本が滅びる!まず東三河再生に取り組む!
 行政改革!!オンブズマン議員ネット設立集会

 参加議員  
寺本泰之 山田辰也  倉橋英樹
 オンブズ議員ネット設立集会
  (クリックで拡大)


 日時 8月28日 14時~16時
 場所 豊橋市民文化会館 第3会議室
     (豊橋市向山大池町20-1)
 参加 自由&無料 

 懇親会(夕食付)は事前予約が必要です。料金2千円(飲み代別)。
 連絡先 090-6577-6895(倉橋) 

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2011/08/11(Thu)11:11 |
| 市民オンブズ活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
前ページ  │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search