FC2ブログ

一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201807« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201809
章南中学校ボート転覆事故~謝罪する気持ちありますか~
 とっても重いテーマである。
 また、隣市の私がブログにまで書くのはどうかと遠慮してきた。

 しかし、一週間以内に行われると思われた「裁判の和解条項」を市長が履行しない此処に至っては、糾弾せざるをえない。

 まず、裁判で示された謝罪が、未だされていない事実を皆様に伝えます。
 裁判によって示され合意した内容は以下の画像の通り。
 その他
 (クリックで拡大して下さい)

 赤線部分を見て貰えば分かる通り・・・

 「原告(遺族)らに謝罪する」

 ・・・はずが、もう10日も謝罪されずにいる。
 遺族無しで勝手に謝罪会見はしたが、和解案をどう読んでも履行はできていない。
 更に佐原市長の謝罪会見では、遺族にきちんと「謝罪会見をする」と知らせずに行った挙句、「遺族を誘ったが来なかった。」と記者に答えた。

 そして、赤字に戻るが、こうも書かれている。

 「豊橋市に責任があった」

 これは双方合意された和解の内容である。
 
しかし、佐原市長は謝罪会見で「市に法的責任はない」と言い放った。

 「賠償金」など支払わないで済んだから、法的な責任は無いという。
 そういう解釈をする人がいるのは、花岡鉱山の裁判例からも仕方がない。

 それでも・・・
 謝罪の場で言うことか!?

 和解条項に、いくつもの学校の不備が示されているじゃないか。
 別の海難審判では、「教諭の舵操作」によって転覆したのだと分かってきているじゃないか。

 和解案冒頭の最後、「衷心より謝罪する」とある。
 衷心とは、「心の底から」ということだ。


 心の底から、謝罪していたのか?

 更に遺族が10月30日と11月2日に、謝罪日程を調整しようとしたら「政務で忙しい」と断っている。
 しかし、市長の日程では・・・
 30日  9時~政策会議  11時~部長会議
 2日  在庁
 ・・・忙しいの?

 この2日間に限らず、
 本当に時間は無かったのだろうか?

 豊橋市は明日から市長選挙を迎える。

 私の市議会選挙と比べてはいけないだろうが、 私は選挙中、大変お世話になった方のお葬式に喪服に着替え並ばせてもらった。
 地元消防団の任務があり、これまた活動服に着替え選挙活動を中断した。

 時間を作ろうと思えば、心から謝罪をしたいと思えば・・・

 いつでも謝罪は出来る。
 
 市長の良心に期待する。
 これまでの学校側の対応(教員の心配ばかりして、遺族も生徒の心も顧みなかった!)も含めて、今さら何を期待するというのか。
 私自身、自問自答してしまうが、それでも期待させて欲しい。

 お願いします。

 最後に、ご遺族の綴るブログを紹介します。
 怒りのメゾフォルテ

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2012/11/03(Sat)20:20 |
| その他 | comments(4) | trackbacks(0) |
神社のマナー①~鳥居の前で一礼しよう~
 もうい~くつ寝~ると♪ お正月ですね^^

 初詣の計画はされていますか?

 今日は少し、政治の話と離れて初詣の時に使える?マナーを紹介したいと思います。

 いつも、神社に行くとき特に気にもしていなかったことですが・・・
 たまに、鳥居の所で一礼している人を見かけませんか?

 私は倉敷市に視察へ行ったときの自由時間(40分程度)で、近くにあった神社を一人で見て回りました。
 そこは小高い山に出来た神社で、殆ど人が来ていない神社ではありましたが、一人降りてきた参拝者が鳥居をくぐった後に振り返り、一礼をして去っていきました。

 私は、その姿に何か美しさを感じました。

 後日、調べてみると「神様の土地に入るのに、失礼します」という気持ちで一礼するのがマナーだと言う。

 普段、友人知人の家に遊びに行っても、「お邪魔しまーす」なんて言って家にあがります。それと同じなんですね。

 すると疑問に思うのが、鳥居が沢山ある神社
 特に「連続鳥居」はどうするのか

 ネット上では・・・
 1.頭を下げながら連続鳥居を通る。
 2.全てに礼をしていく。

 などと書かれている。しかし、明確な根拠は見当たらなかった。

 そこで、
三河国府総鎮守・大社神社の宮司様に聞きました。

 正解は、最初の鳥居で一礼をすればOKです。

 礼をする意味から考えれば、当たり前の話でした。
 玄関が長いからと言って、何度も「お邪魔します」っていいますか?言いません。

 そもそも、連続鳥居の二本目以降は「献燈」や「献旗(のぼり)」と同じで、鳥居を献上されたものだそう。
 玄関に新築祝いで沢山もらった花や花瓶に、挨拶なんてしません。

 あくまでも、「神様の土地に入らせて頂きます」という礼であることを忘れてはいけません。

 なお、一つの境内の中に、別の神様が祭ってある所(社叢=しゃそう)も有ります。 
 この時は改めて、その(別の)「神様の土地に入らせて頂きます」と、鳥居の前で一礼しましょう。

 帰る時も「失礼しました」「お邪魔しました」の気持ちで、一礼をして帰ります。

 *鳥居が無い所は、境界線だと思われる場所で一礼をされるのがマナーとなります。
 (
御津神社、総代様より御聞きしました。)


 未熟者ながら、私はこういう学校や家庭では、なかなか教えられない文化・礼儀というものを、地域の子供たちにも伝えられたら嬉しいと思う。
 そして、言い聞かせるのではなく、周りの大人たちが自然とマナーを子供たちに見せていれば「当たり前」のように教わっていくことが出来るのではないか。



 (今回、題名を神社のマナー①としましたが、その②など続編は気が向いたとき、ご要望が多くあったときに考えます。)

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2011/12/29(Thu)15:33 |
| その他 | comments(6) | trackbacks(0) |
今年を語らう、懇親&忘年会。
 市議らと気軽に語らい、 
 馬鹿な話の合間(?)に討論し、
 熱くなったら、お風呂に入る。

 そんな懇親会が企画されました。

 議員は以下の4名を予定しています(敬称略)。
豊川市豊橋市新城市
倉橋英樹寺本泰之・下江洋行
・山田辰也
 また元議員、候補者、市民運動家、弁護士、普通の会社員さんなど多種多様な方々も来られます。
 個人的に好きなのは、元設楽町議で自然を守る自給自足の生活をしている高森陽一郎さん。陶芸家でもあり、本当にいろいろ刺激されます。

 是非、お時間ご興味のある方は連絡ください。

 日程 : 12月23日、24日 (日帰り、宿泊自由)
 会場 : 赤引温泉 【新城市大野字中楠4-3】
 費用 : 5500円(宴会のみ)~10500円(宿泊)
       *アルコール代は別途となります。


・スケジュール
12月23日(金)★基本は現地集合
 17時~宴会開始となります。赤引温泉までお越しください。

 倉橋、寺本は飯田線・豊川駅10:55分の天竜峡行きに乗車して向かいます。 途中、三河大野駅周辺を散策、喫茶鳳来館でのランチも予定。

 宿泊(宴会のみの方は自由帰宅です)
12月24日(金)★自由解散
 午前中に各自、帰宅予定です。
 
 (最寄駅までの送迎、ご相談ください)

 参加を希望される方は、ぜひご連絡をお待ちしております。
 090-6577-6895

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
| 2011/11/25(Fri)17:34 |
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
今週末のオンブズ議員はなにしてた?
 議会のない日は何をしているの?
 議会の出席日数が少ない=議員は遊んでいる日が多いんじゃない、とも言われる。

 実際に、議員活動に専念していない方もおり、批判は半分当たっているとも言える。
 しかし一方で、議会のない日が全て「休み」と言うわけでもない。

 今回は、私の今週末の行動を少し紹介いたします。

 6月4日(土曜日)
 午前7時40分~12時頃
 豊川市消防団員として、水防訓練に参加。
 月の輪工 水防訓練  
 (左の写真「月の輪工」を仲間と共に作りました)

 午後13時30分~15時頃
 私学をよくする愛知父母懇談会に来賓として参加。

 午後16時、帰宅。
 6月議会の一般質問の資料・文章作成、昼+晩の食事など。

 午後11時50分、就寝。

 6月5日(日曜日)
 午前8時30分~12時
 ちからの会・会員として、ひろいし児童館まつりのボランティアに参加。

 午後2時~3時過ぎ
 ことぶき美容室でカット+カラー(若白髪が多いので)。

 午後4時頃、買い物などを終えて帰宅。
 オンブズ活動の資料集め。仲間と情報交換・協力依頼など電話。

 午後5時頃~
 一般質問の再準備・調整。

 午後6時30分~
 ブログ書き始める。

 *在宅時には、メール受送信や個人的なネットサーフィン(mixiなど)、電話対応もしています。


 「仕事」というほどでもないけど、「暇」という訳でもない。
 私の今週末はこんな感じでした。

 因みに、「一般質問の再準備・調整」は質問当日まで行います。
 日々、より良い議会発言が出来るように、上書きしていきます。

 また、議会発言以外でも「より良い市政」となるように市当局と話をしています。
 今回、一般質問では取りあげませんが、津波対策の「海抜標識の設置」について【通学路・通園路に設ける】よう意見しました。
 防災担当課様から、「良いアイディアを頂けました」と回答頂き、検討してもらえる事と思います。

 他にも色々ありますが、このように「議会以外のところでも何かしている」と感じて貰えたら幸いです。

 また、倉橋英樹はオンブズマン議員として、より多くの方々から情報提供やご意見(匿名可)も随時募集しています。よろしくお願い致します。


 090-6577-6895

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2011/06/05(Sun)20:23 |
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
そろそろボランティア(無償)をやめないか
 東日本大震災という国難に、ボランティア活動に関っている方々お疲れ様です。
 特に、仕事や売名でない無償の尊い行動は胸をうちます。

 世のため、人のための行動は『桶の中の水』のように、その善意は必ず貴方のもとに戻ってくるでしょう。
 善意の有志たちの将来に幸多いことをお祈りいたします。

 ただ、そろそろボランティアが必ずしも「政治的に最善なのか」も考えて行きたい。
 今、多くの被災者は仕事を失っています。

 縁戚を頼って命を繋いでいる家族も多くいます。
 頼られた縁戚の収入・財産も、もう限界に来はじめています。

 仕事が欲しいのです。
 もう既に、経済苦で首が回らなくなった方もいます。

 ボランティアが必要ということは、「人手が要る」ということ。

 働きたい人がいて、やる事もある。
 お金を払ってやって貰えばいいじゃないか。

 人の命を救う税金の使い方が、いま政治に求められている
 「他所の人間が仕事を無料でやってたら、地元の人たちが給料貰って仕事できない」

 海外援助などもそうだ。
 貧しい途上国に善意で毛布や物資を送ってると、地元の企業が潰れたりします。
 「無料・格安の上質毛布」が溢れたら、誰が地元で作る有料の毛布を買うのですか?

 援助が現地の自立を妨げ、人々の生活を壊すことがある。

 本当の援助は、モノや何かをしてあげるだけではなく、
 そこの人たちが自らの力で生活できるようにする事じゃないのか

 無償の善意、ボランティアは素晴らしい。
 だけど、それがベストではない事もある。

 行政も、ボランティアを行う者も
 場所や援助内容によっては、復興支援の転換点が来はじめていることを考えていってほしい。


 ついでに言えば(自分が被災者だったら)・・・
 お膳立てされた復興よりも、瓦礫撤去一つでも出来る限り自分たちで復興させたい。
 それが仕事だってんなら、なおさら幸せじゃないか。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2011/05/30(Mon)00:02 |
| その他 | comments(5) | trackbacks(0) |
前ページ  │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search