FC2ブログ

一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201807« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201809
豊川市が漫画で市民に訴えます。「作り過ぎた公共施設の維持問題」
 作り過ぎたハコモノには、その維持や耐用年数からの建て替えのため、半永久的に膨大なお金が必要とされます。
 放っておけば、トンネルの天板崩壊よろしく色々な不幸が重なるでしょう。

 私は今まで、「市民がもっと関心を持たなければいけない」と言って来た(つもり)。
 それには、二つの側面がある。

①市民が無関心だと、未来を《議員行政の良心》という不確実でアテにならないものに託すという事になる。
②市民の無関心による「あれ欲しい、これも欲しい」というオネダリ要望政治が主流となり、議員・首長の判断を鈍らせる。

 「おいおい、それも含めて議員は賢明な判断するのが仕事だろ?」と怒る人もいるでしょう。
 けれど、【市民のレベル以上の議員は存在しない】という民主主義選挙の根底を考えれば、「期待はしても」「確実性などない」と言う他ありません。

 政治の責任は、議員の責任であると同時に市民(有権者)の責任です。
 議員には、《議員としての責任》と《有権者としての責任》二つあるのですが、やはり【根本は有権者としての責任】だと私は思います。

 私は「有権者の責任」から「被選挙権(立候補)」という権利を行使して、責任を果たそうとしているに過ぎないのです。

 前振りが長くなりました。
 そんな大事な「市民の関心(理解)」を高めようとする試みが豊川市で実施されました!
 【公共施設作り過ぎて、このままでは維持できない】ということを分かり易く、取っつき易い《漫画》で表現されたのです。
公共施設マネジメント 公共施設マネジメント2 ←クリックで拡大
(8月15日付けの広報と一緒に、全戸配布される予定です。)

 実は昨年、総務委員会でさいたま市に視察をさせて頂いたときに、紹介されたのが《漫画》という手法でした。
 さいたま市の漫画パンフレット(PDF)
 (↑こちらも是非、ご一読を。)

 私も視察報告書の中で、「住民への周知の方法(漫画冊子やワークショップ)も取り入れるべく検討していきたい。」と綴り、
 総務委員会の総意としての報告書でも「なぜファシリティマネジメントに取り組むのか、絵や漫画を交え、丁寧にわかりやすく説明していただきたい」と市に提言がされていたところです。

 本当に、嬉しく思います。

 《惜しい点》
 今回の漫画冊子は、豊川市が市民の関心を深めるための革新的な一歩を踏み出したと評価します。
 しかし、以下の2点について注意して欲しいと、担当課に意見してきました。

① 漫画でやるターゲットは、市政にあまり興味のない人達であることを踏まえて、専門用語「公共施設マネジメント」などを平易な言葉に直すなど、誰が読むかを意識して欲しい。
② 今回の内容では、施設関係のみで「他の財源も厳しい」事が分からず、楽観的観測(逃げ道)を想像する人も出かねない。市財政全体の視点も入れつつ、作って欲しい。

 担当の管財契約課からは・・・
 「色々な議論を頂きながら良いものにしていきたい。宜しくお願いします」と返事を貰いました。

 市民からも様々な意見をして頂けると幸いです。
 (クレームではなく、もっと良くなるような前向きな意見を)

 行政が、「市民に関心を」とせっかくボールを投げてくれたのです。
 それに少しでも応えて行きましょう!

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2014/08/09(Sat)14:22 |
| 政治経済 | comments(2) | trackbacks(0) |
新城市議会の迷走について
2014年6月定例市議会の一般質問で、「穴の開いたコンドームの配布」などを提案した長田新城市議の問題。

全員協議会が開かれたと思ったら、問題提起した浅尾洋平市議も問題だとして、「議員の情報発信に制限」を掛けると賛成多数で決めたそうだ。

報道によると言いだしっぺは、元新聞記者の山崎祐一市議(1期目)で理由が凄い。
「議会で問題提起する前に、自らの主観を表に出すのはいかがか。」

自民党も民主党も多くの国会・地方議員がいます。
彼らはもとより、公党の政策集でも良いのですが、議会に提案する前に試案や主観などを公開する事って珍しくはありません。
これを「いかがか」と言いわれても、「良いですね」としか言えません。

因みに、山崎市議も7月9日のFBで「住む人間の構造改革、意識改革の問題」を提起しています。とても良い着眼点だと思いました。
しかし、新城市議会の議事録を見る限りですが、彼はまだこれらの問題意識を議会で提起していないよう見受けられます。

なんということでしょう。
山崎市議は、もうFBで取り上げた素晴らしい問題意識(主観)を議会で提起できなくなってしまったのです!

・・・いや。そんなバカな。
山崎市議は「議員個人の問題を提起する場合は」という意味合いで発言している可能性もあります。その場合も考えてみます。

まず、メリットを考えてみますが・・・
議員の問題情報を統制・隠ぺいする以外のメリットはないでしょう。

しかし、そもそも議員というのは、市や地域全体の利益をまず考えるべきです。

市全体の利益を考えるならば、議員の自浄作用を生むことは「議員の問題を隠ぺいする」よりも、有用である筈です。
また、逆に「的を外れた批判」であったとしても、「的外れな問題提起する議員」として市民に公開されるのである。

市民にとって、選んだ議員の質がよく分かり、今後の選挙行動の参考になる素晴らしいことなのです。

例えば、今回一躍名前を売った浅尾市議。今回の事を色々報告しています。

そこで試しに(?)私が批判してみましょう。
彼はツイッター上で、「いま新城市議会の横暴を感じます。ここに民意はありません。~中略~僕の当面の目標は、日本共産党の仲間を広げる事と、次回の選挙で複数議席を獲得出来るように頑張ること」だとつぶやいた。

民主主義に関わる問題を、自身の所属政党の拡大にこじ付けてしまっています。
浅尾市議の目標は結局、民主主義や市全体の利益よりも、自分や所属組織の利益を優先しているのかと批判できるでしょう。

もっと広範な市民が参加しやすくなるよう、余計な目標は入れずに今回の問題に取り組んで頂きたいものです。

勿論、私は相手が何者であろうと、筋の通る主張は肯定し、必要なら応援もします。
浅尾市議の目標には協力しませんが、民主主義を守る為の主張には同意するところです。

当然ですが、山崎市議にしろ浅尾市議にしろ、私の記事を見たら反論もあることでしょう。
それも含めて、公開の場で議論・意見交換をし、より良い答えに繋がったら、きっとそれは市や地域、民主主義発展の利益になると思います。

いや、自身の不勉強を議会で開陳してしまう前に気付けることすらあるでしょう。(議論の勝敗に拘る必要はありません!)

地域の為にも、自分の為にも
大いに、公開議論すべきなのである。


後は市民が選挙で、必要な議員、不要な議員を選別してくれるでしょう。


最後に、サミュエル・スマイルズの「自助論」を一部転載します。
一国の政治というものは、国民を映し出す鏡です。
政治が国民のレベルより進みすぎている場合には、必ずや国民のレベルまでひきずり下ろされます。
反対に、政治のほうが国民より遅れているなら、政治のレベルは徐々に上がっていくでしょう。

これは水が低きにつくような、ごく自然のなりゆきなのです。
立派な国民には立派な政治、無知で腐敗した国民には腐り果てた政治しか有り得ないのです。

新城市は、反問権の設定や会派制の廃止など進んだ議会改革をしていたと思う。
今後、どちらに流れてゆくのだろうか。

2014/8/22 追記
新城市議会が規制を断念しました。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2014/07/27(Sun)14:07 |
| 政治経済 | comments(0) | trackbacks(0) |
経済効果って何?~B-1を振り返って~
 B-1グランプリin豊川の経済効果は愛知県全体で35億円、東三河で20億円と推計され発表されました。
 皆さん、実感してますか?

 一般質問では国の推計手法に基づいて経済効果を算出したと答弁されてました。そこで、少しお勉強したら・・・曲者でした。

 例えば、B-1会場で「いなり寿司」が300円で売れたとします。
 これで経済効果は300円。

 更に、いなり寿司を作るにはお米や酢、油揚げが必要だから、お米代やお酢代など材料費も経済効果に含めるという。
 例えば材料費150円だとしたら、いなり寿司300円+材料費150円。

 経済効果は450円って・・・ん(゚、。
 そもそも販売価格のいなり寿司300円の中には、材料費が含まれている筈ですよ。

 経済効果450円と言うのは、無茶苦茶です。
 もっと言えば、お昼にいなり寿司を食べた人は「普段食べてた昼食を食べなくなる」のであるから、その分をマイナスにしないといけないよ。

 コンビニのおにぎり300円分を買わなくなったとしたら・・・
 経済効果は300円ひく300円で0円になる筈です。

 結局、行政の言う経済効果とは・・・
 「自分たちの政策が役に立ったと宣伝したい為、水増し計算した数字」でしかなさそうです。
 (メディアが「経済効果云兆円!」とか紹介しても、殆ど実感しない理由がよく分かりました)

 本当ならば、いつも300円分のおにぎりしか買わない人に、500円のいなり寿司を買わせて初めて「効果」があったというべきです。
 ただそれも、今日は500円遣ったから明日は節約して100円にしようとなれば、効果は0円という事になります。

 B-1の本当の経済効果は?
 豊川市政で言えば、豊川市外からどれだけお金を落として貰えたかです。

 ただ、例えば「亀山みそ焼きうどん」を買っても、豊川市に落ちるお金はほぼ皆無です。
 (豊川市の材料が使われていない)

 またイベントの為の税金支出20億円も・・・B-1が無ければ他の事業に使えたものですから、経済効果に算入出来ません。

 とすると経済効果の正味部分は・・・下記の4つになると思われます。
 1.豊川市のホテル宿泊代金。
 2.たべりんくうポン券の利用額2億4392万2700円のうち、豊川市の材料が使われた僅かな部分。
 3.公共交通機関の売り上げ増のうち豊川市税収となる部分。
 4.市外来場者が(B-1会場外の)豊川市店舗で食事等してくれた代金。

 経済効果はざっくり計算して1億円にも満たなかったんじゃないか。
 こう考えれば、B-1の経済効果を市民があまり感じていないのと合致します。

 因みに、ボランティアなども「自分たちの仕事や遊びを自粛して」手伝っており、本来あった筈の経済活動がされなかったことを意味します。この部分もマイナスしないといけません。

 結局、B-1を誘致した事で得られたモノは、経済効果などではなく、TVなどメディアへの露出、つまり宣伝効果がほぼ全てだと思います。

 これを活かせられなければ、すべては自己満足に終わるという事です。

 B-1グランプリを誘致した成果は、実はこれからの施策に掛かっています。

にほんブログ村 政治ブログへ

| 2014/03/23(Sun)23:16 |
| 政治経済 | comments(0) | trackbacks(0) |
特定秘密保護法案と私たちの責任
 特定秘密保護法案修正案)が衆議院を通過しました。

 ビックリというよりも、やっぱり賛成した野党、みんなの党にガッカリ。
 造反した3名には、エールを。
 ちょこっと修正させたことを大義に、反対することやめた党執行部には冷たい目を。

 みんなの党の愛知支部長、薬師寺道代さんは「反対と叫ぶのは簡単~(中略)~法案には、傷もつけることもできません」と反対という行動を矮小化していますが、1985年の「国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案」は野党が皆反対したことによって廃案に出来ているんだよ。

 勿論、今回は維新の会も賛成に回りかねない情勢だったし、内閣が提出したのと自民党有志が提出した85年では、同じように世論を十分喚起出来たかは不明ですが・・・ただ、そのチャレンジを放棄したことは間違いないし、修正も十分ではありませんから、評価出来ません。


 むしろ、賛成した以上は「必要なんだ」と言ってくれた方が、すっきりする。
 (もしかしたら、薬師寺さんの中でも葛藤があるのかもしれませんね)

 さて私自身は、運用によって「未来永劫非公開」になる例外7項目があることで、この法案には賛同できない。

 特定秘密保護法(修正)案
では、第四条第三項の4で以下の気になる文言がある。
4 前項の規定にかかわらず、政府の有するその諸活動を国民に説明する責務を全うする観点に立っても、なお指定に係る情報を公にしないことが現に我が国及 び国民の安全を確保するためにやむを得ないものであることについて、その理由を示して、内閣の承認を得た場合(行政機関が会計検査院であるときを除く。) は、行政機関の長は、当該指定の有効期間を、通じて三十年を超えて延長することができる。ただし、次の各号に掲げる事項に関する情報を除き、指定の有効期間は、通じて六十年を超えることができない
 一 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物(船舶を含む。別表第一号において同じ。)
 二 現に行われている外国(本邦の域外にある国又は地域をいう。以下同じ。)の政府又は国際機関との交渉に不利益を及ぼすおそれのある情報
 三 情報収集活動の手法又は能力
 四 人的情報源に関する情報
 五 暗号
 六 外国の政府又は国際機関から六十年を超えて指定を行うことを条件に提供された情報
 
七 前各号に掲げる事項に関する情報に準ずるもので政令で定める重要な情報
 (7つの例外は、60年以上上限なく秘密に出来ると読めます)

 特に赤字の部分を拡大解釈などしていけば、尖閣諸島沖のビデオ情報みたいのも、今より更に出難くさせるんだろうなーって思う。

 為政者が本当に日本国のこと思って、政治してくれるとも限らない。
 (誰とは言いませんが、中国の利益の方を大切にする日本人政治家っていませんか?)

 勿論、国民の政治意識が成熟して、立派な政治家ばかりが選ばれ、懸念されるような政権なんかが出来てもすぐ交代させていけるならば、杞憂です。

 そういう意味では、全部私たち次第なんですね!!

 きちんと政治家、選べていますか。

にほんブログ村 政治ブログへ

| 2013/11/30(Sat)08:30 |
| 政治経済 | comments(0) | trackbacks(0) |
変化を促す政治家、望まないのは利益代弁者か
 最近、設楽や東海市、名古屋など長時間移動することが多く、そのあいだ脳みそが暇なとき彼是思考する。
 その1(その2もあるが、あまりに馬鹿らしいので公開するかは未定)

 この国は資本主義国家である。
 修正資本主義という表現の方が良いかもしれない。

 この国の経済体制は市場経済である。

 社会主義の計画経済と違い、基本的に市場の動きによって企業は倒産もするし、新しい企業の勃興もある。
 その経済の新陳代謝がこの国の発展を促すのであり、私たちの暮らしも(物質的に)豊かにする。

 社会主義のソ連は、共産党・官僚の統制によって、経済活動を管轄・調整した。
 すなわち、人員配置も資源の投入量も、製品の価格まで管理された。

 計画経済では需要のない物、出来の悪いものも作られ続けた。
 市場経済ならば、そんなものを作り続けたら企業は倒産して、より良いものを作る企業に資源が使われるように調整される。

 結果的に1991年12月25日、ソビエト連邦は崩壊した。

 つまり、私はこう思う。
 経済の新陳代謝(倒産及び起業の連続)を怖がり、否定するのは亡国の思想ではないか。

 翻って、先の一般質問でも言及したが、公共事業で「実績」を求めるのは、経済の新陳代謝を否定するものだ。
 どんな企業、業者も最初は0からの出発である。

 「実績」に対して、評価・加点するのは良い。
 しかし入札に参加すらできなくするのは、既得権の保護だけでなく、国全体の発展を阻害するものである。

 原発問題でもそうだろう。
 賛成・反対の意見は各個人にあるし、その判断はそれぞれが考えれば良い。

 しかし、「その業界で働く人がいるから」というのは、思考停止とは言わないが、経済の新陳代謝の停止ではないか。

 潰れることを恐れてはいけない。時代が変わる中で、問答無用に保護される企業などあり得ない。

 「安全性を高めて」「何万年と掛かる核廃棄物の安価な処理」を目指して研究し、原発を推進したいという意見なら分かる。

 もっとも、私はそんな技術の確立よりも自然エネルギーの技術進歩の方が、はるかに現実的だと考えているから、原発反対(エネルギー政策の転換)を唱えている。

 変化を望まず、そのままでいようというのは政治家というよりも単なる利益代弁者であって、国や社会の発展を考えているのか甚だ疑問に感じる。

 変化を嫌うのではなく、必要な変化に対して激変緩和・ソフトランディングを考えることこそが政治家の仕事ではないか。
 TPPの議論についても、反対派の主張に違和感を覚える所も有る。

 そんなことを考えながら、参議院選挙の投票先を考えている。

 皆さん、選挙に行きましょう。
 

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2013/07/09(Tue)07:15 |
| 政治経済 | comments(0) | trackbacks(0) |
前ページ  │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search