一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201708« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201710
愛知県知事選挙/減税のメリットデメリット
 2月6日、愛知県知事選挙の投開票 が行われます。
 明日の結果いかんによって、未来の税負担や自然環境、食料自給率などあらゆる面で大きな影響が出るでしょう。

 勿論、その選択に正解というものはありません。

 正解があるのなら、選挙をする必要が無いのです。
 だからこそ、せめて私たち一人一人がよく考えて、「自分がその選択に責任が持てるよう」投票に行きましょう。


 さて、名古屋市長選挙と同様に
【減税】というキーワードがよく取り上げられています。
 私は基本的に減税について、以下のように考えます。


 【メリット】 
 * 行政の無駄遣いが大きくカットされる可能性が高まる。
 予算には「収支均衡の原則」というものがあり収入が少なくなる以上、支出を減らさざるを得ない(河村氏の狙いはココにあると思われる)。

 * 減税する部分によって、経済活性化が見込める。
 例えば、住宅に対する固定資産税や都市計画税の減税を行えば、民間住宅需要が増える可能性がある。
 (住宅は、ガラスや木材、瓦など多くの分野に経済効果を波及させる)

 * 税率を低くした所に人や企業が集まる。
 ただし、人と企業は有限です。人や企業が逃げていく地域の事も考えると、一概に良いとは言えません。


 【デメリット】
 * 後世に借金のみ残す可能性がある。
 収入不足を市債・県債という借金で穴埋めされると、コストカットも進まない。

 * 必要な支出まで削られる可能性がある
 何が無駄な事業支出なのか?市民一体となって見極めていく必要がある。

 * 減税合戦になった場合、最終的に国や自治体が成り立たなくなる。
 隣が10%減税ならうちは20%だ。30%だ、50%だと減税の過当競争が生まれかねない。


 【国家としては、効果が無さそう?】
 * 海外との企業誘致合戦には効果がない可能性。
 海外と競う時、人件費の差の方が遥かにウェイトが大きく、法人減税などがそれほど有利に働くとは思い難い。


 住民減税の大村氏、法人減税の薬師寺氏、寄付に対して還付すると言う重徳氏。

 色々情報を集めて判断して欲しい。

 勿論、争点は減税だけでもない。
 設楽ダム問題で言えば、薬師寺氏・土井氏・大村氏が期待の候補である。

 
にほんブログ村 政治ブログへ 
関連記事
| 2011/02/05(Sat)21:10 |
| 選挙 | comments(2) | trackbacks(0) |
<<収賄事件に関する情報提供を受けました~時効と最低文書保存期間の壁~ │ ホーム │ どちらが優れた改革者なのか。人材に恵まれた(?)名古屋市長選挙。>>
今回は減税が争点の一つです。 が、それより「政治家の責任」は?と毎回思います。
だって政治家も官僚も役人も、やりたい放題やっても責任を負って無いし……民間なら損害賠償モノの出来事がスルーされてるし。
無理な公約を餌に票を獲得するより、現実的な政治を!と思いますが、結局当選するのは知名度の高い人か、地盤のある人か、しがらみのある人か――理想と現実は乖離するばかり、こんな国家に誰がした!?

万が一、戦争が起こっても、こんな国の為には命は捨てれないなぁ
真摯に頭を下げる事も出来ずに、いい訳ばかり・・・なんて政治家が多いですよね。
下げるのは、選挙のときだけかよ、と。

公の職に就くものこそ、規律を守り、罪を犯せばより重い処罰を受ける。それが普通だと思いますね。
公約違反も最初から、守る気が無いとか・・・もう「嘘つきは政治家の始まり」見たいな。

まぁ、選挙のときからポスター公費やガソリン公費をネコババする老若男女の議員ばかりを見ると、さもありなん。

政治の責任は、最終的に国民の投票に行き着くので、我々自身が正していかなきゃですね。
道は遠いですが・・・たぶん、@50弱の寿命。それまでに「嘘つき・利己的な人が報われない政治」の足がかりでも作りたいですね。
│ クラ URL #WiSUj39Y[ 編集] │ 2011/02/07 15:52 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search