一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201704« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201706
「脱・談合」を考える。2月12日、元長野県副出納長が語ります。
 まずは、公職選挙法により立候補を予定している者を含めて、政治家は「新年のご挨拶」ができない 事をお詫び申し上げます。

 どうか、ご理解を下さいませ。 


 さて、タイトルの「脱・談合を考える。

 
一昔前に、談合問題が大きく取り上げられ、目に見えにくくなってきた談合ですが・・・
 実際には官製談合がまだまだ行われている。

 談合は、公平な競争を阻害し、その経費を肥大化させる。
 これは是か非か?

 法律を見るまでも無いが・・・
 【地方自治法】 には、こう書いてある。
 第二条 14項
 地方公共団体は、その事務を処理するに当つては、住民の福祉の増進に努めるとともに、最少の経費で最大の効果を挙げるようにしなければならない。

 地方自治法に違反する談合は無くすべきである。

 そこで、元長野県副出納長という行政の内部を知り尽くした人物が、今も各地で行われている談合の実態 を語り、入札制度をどうすべきかを考えていきます。

 お時間、ご興味ある方は是非、お越し下さいませ。

「脱・談合」を考る
 ~公共事業の実態を解明し、あるべき入札を探る~
 講師:松葉 謙三 弁護士

日時:平成23年2月12日(土) 午後1:30~4:00
場所:豊橋市民文化会館 (440-0862 
豊橋市向山大池町)
     地図はこちら

主催:豊橋市民オンブズマン(代表/寺本泰之)
  :豊川市民オンブズマン(代表/倉橋英樹)

チラシのダウンロードは こちら

 
にほんブログ村 政治ブログへ 
関連記事
| 2011/01/03(Mon)20:40 |
| 市民オンブズ活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
<<どちらが優れた改革者なのか。人材に恵まれた(?)名古屋市長選挙。 │ ホーム │ 尖閣映像流出の署名提出日決定(22日 修正・加筆)。>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search