一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201706« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201708
子育て支援センターの恒久的な存続を求める請願/不採択に!
 前回、「豊川市の動向を見定めるため」に結論延期となっていた本請願。
 結局、豊川市の動向は殆ど進展していない中での採決となりました。


 私は以下のように請願に対する賛成討論を行いました。

 前回の委員会では「豊川の動きを見る」というお話で継続審査されました。また、「編入合併だから・・・」といった諦めのような意見も出されました。
 しかし私は、御津町の議員として『豊川市の動き如何によらず訴えていく』という考えです。しかし、あえて豊川市の意向、編入合併という視点に立っても、この請願は採択させるべきだと思います。

 なぜならば、豊川市・音羽町・御津町合併協議会の出した新市基本計画を読むと、24ページと25ページには「安心して子どもを生み育てることのできるまちづくりを目指します」とうたわれています。
 そして、その主要施策として『児童館事業とは別個に子育て支援センターの充実”』が書かれています
 まさにいま、私たちもこの理念・施策を実現させる意思を町議会が明確に示す良い機会だと思います。

 合併賛成派が何人で勝てる勝てないと意見もありましたが、合併に賛成だ反対だというような問題ではありません。合併には反対した私も、これまで合併問題で指摘した問題を改善させるために、この請願の紹介議員となっています。
 私は合併には反対しましたけれども、賛成可決をした議会の一員です。反対にできなかった責任があります。この合併が将来に悪い影響を与えるのなら、私も批判は免れないのです。

 新市基本計画に書いてあるにもかかわらず、「安心して子どもを生み育てること」のサービスが低下してしまうことになれば、町民を騙したと言わざるを得ません(政治不信とはこういうところから、積み重なっていくのだと思います)。

 最後に、これは豊川市の市民にとっても待望している子育て支援事業の充実・存続なのです。御津町のエゴではありません(役場支所の問題とは違う)。

 私たちは、この請願を採択し、町民・市民の願いを議会・委員会採決で公的に代弁し、町民・市民への責任を最後の一日まで背負い、果たしていくべきです。


 結果
 私のほかに木村議員・彦坂議員・嶋岡議員の賛同がありましたが、反対多数となり不採択するべきものとされてしまいました。

 反対した議員の言い分を下記に。
 反対意見として出たのは、「児童館で代用すればいい」「御津町に権限が無い」「要望なら出してやっても良かった」といったことで、全く歩み寄れるものではありませんでした。

 児童館の利用に関しては、対象年齢の違いが親の心配に繋がっている事に目を背けられ、私が休日・夏休みなどの午前中利用をどうするのか指摘させていただいても「平日の午前中行ったが、そんな心配は無い」と全く話が通じていないのが残念でした。

 
 また、今日の委員会で新たに分かった事もありました。
 それは今御津町で行われているリトミック教室(無料)は廃止となり、牛久保児童館で行われているリトミック教室(300円)やつどいの広場で行われている類似事業に参加して欲しいとの見解が示されたことです。
 立地条件はもとより、本町では予約殺到している事業なので豊川市にも受け入れる余裕があるのかは疑問です。

 この請願に反対した(合併推進派)議員は、「リトミック事業をなんで無料やっていたんだ」と”予算可決したご自分の責任”も棚に上げてお怒りの様子でした。
 合併による弊害が表に出てきたことにお怒りなのかもしれませんが、彦坂議員が請願の賛成討論で触れられていましたように、「たった二ヶ月での強行合併をするから、こういう問題が出てくる」のです。

 怒る前に、我々は住民に対してサービス悪化する部分は紳士に頭を下げ、お詫びすることが必要ではないかと思います。
関連記事
| 2007/11/28(Wed)20:50 |
| 議会関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
<<御津町最後の定例議会(一般質問報告) │ ホーム │ 障害者の就労支援を考える>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search