一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201704« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201706
選挙ポスターの水増し請求。豊川市の公費負担事情と市場価格。
 全国で「ポスターの公費負担による不正受給問題」がクローズアップされている。

 そもそも 選挙公営制度 とは何か。
 要は貧乏な人でも、「選挙に出て最低限の運動はできるように」という機会の平等を狙った制度です。

 選挙ポスターの公費負担は、その制度の中の代表的な一つ。

 収入・財産の多寡によって、選挙を闘う上で差が出ないようにというもので、良い制度だとは思う。
 しかし、大きな問題もあります。それは・・・

 公費負担の支払い限度額が市場価格以上に設定 されている事です。

 具体的に、公費負担の限度額はいくらなのか。
 
選挙区上限額一枚単価上限掲示板枚
豊川市議会選挙
(2007年)
45万7216円1504円304
豊川市増員選挙
御津選挙区(2008)
31万8747円6934円47

 金額に大きな差がありますが、これはデザイン料など枚数に関らない固定費がある為。
 その計算式(御津選挙区)も入手しましたので、添付します。
 kouhihutanrei.jpg  
 (市選管は1枚単価1000円を例示して、暗に市場価格を知らせている)

 この資料により、公費負担上限額は以下の計算だと分かります。
 30万1875円+510円48銭 × 掲示板数

 理解としては、30万円はデザイン料などの固定費だと考えればよいでしょう。


 では、実際に選挙ポスターの実勢価格はいくらなのか。
 
 
印刷会社料金設定一枚単価
マツオ印刷50枚  113,200円 
100枚  118,000円
300枚  137,300円 
2260円
1180円
458円
信行印刷500枚 236,250円473円
Black design
[ブラック・デザイン]
デザイン制作+スタジオ撮影
240,000円〜
1000枚  356,550円~

356円55銭~

 最後のBlack designはとても高そうな会社ですが、参考として紹介しました。
 それでも、「1000枚注文の金額で300枚だけ印刷」したとしても、一枚単価は1189円です。

 とはいえ、物凄く良いポスターを作りたいのなら、その分は実費で作ればいいだろう。
 候補者の見栄の分まで公費負担する必要は無い。 

 
 そして、公費負担上限額と市場価格の差がハッキリ分かったと思う。

 300枚程度の選挙区なら、一枚単価は500円~高くとも1000円でいい。
 50枚程度の選挙区ならば、一枚単価は2300円である(ただし、500円以下にも出来る)。


 その上で、豊川市の候補者の公費負担請求額を見てみる。
 2007年以降の豊川市議会選挙の公費負担一覧

 個人的には、20万円台の公費負担申請は、印刷会社の都合(設備など)でその値段でないと出来ないということもあるかと思う。
 
 それでも、疑問を持たざるを得ない候補者が豊川市にも多くいる。
 実際に、不正受給などしていないにしても、税金である。

 市の財政を、いかに効率よく使うか。
 費用対効果などを考えた時、「現在の値段は高いな」という意識を持っていただきたい。

 なお、豊川市でも不正受給している候補者がいると私は見ている。
 それはある印刷会社から、不正受給を勧められた経緯から確信をしている。

にほんブログ村 政治ブログへ  
関連記事
| 2010/08/08(Sun)16:00 |
| 市民オンブズ活動 | comments(4) | trackbacks(0) |
<<保身の為に、秘密をばらす民主党(中井拉致担当大臣) │ ホーム │ みんなの党の敗因>>
ふと疑問におもいました。

選挙ポスターには熾烈な価格競争はないのだろうか?

とw


加えて思ったのは、
もし「すーっごく安くポスター作れるぜ!」って業者が参入しても、そこに発注する候補はほとんどいないんだろうなーってことですね・・・。

選挙ポスターにデフレはないのかっ!w
│ ダンデ URL #wWQco8sA[ 編集] │ 2010/08/09 00:01 │
いっそのこと選挙管理委員会の指定業者で印刷するようにしたらどうでしょうか?

期毎に入札制で数社の指定業者を選出して立候補する人はそこでポスターを作る

談合などないように公正な入札や審査などのシステムの構築が必要になりますが、今のような市場価格と離れた上限額の差は生じないと思います。
│ びぅぃ URL #t50BOgd.[ 編集] │ 2010/08/09 12:41 │
>ダンデさん

競争原理働いていますよ~。
町村議会は公費負担無いので、そこらへんの候補者は安い所を結構探しています。

印刷業界もオンデマンド印刷方式(印刷機)が普及し始めて、少数注文でより安く作れるようになりました。
その方式で制作すると、私みたいに一枚単価300円台~500円程度で製作出来ます。
デザインを全て自分で作ってデータを渡せば、単価200円台で受注する会社もあります。

従来印刷機の場合は、300~500枚以上の注文数くらいから、オンデマンド印刷機の単価より安くなっていきます。

しかし、【公費負担】となると価格の競争原理から離れて、いかに候補者(議員)と一緒に私服を肥やすかと言う競争原理が出てきますw
20万円で作って、公費40万円を申請する。
議員には名刺やパンフレットをオマケで作ってやり、共犯に。
名刺など作ってあげても十分お釣りが来る、と言うわけですね。

酷い場合は、印刷会社の従業員を選挙事務所に派遣しています。
20万円も余分に貰えば1週間くらい貸しても損は無いですからね^^;

名古屋市なんかだとたった200枚程度に公費負担で70万円請求とか。
上限額を高くすればするほど、馬鹿みたいな請求を出してきます。

金額の差(豊川市はまだ安いな)ということではなく、根っこは同じです。
税金を無駄に使う・・・候補者たち(怒
│ クラ URL #WiSUj39Y[ 編集] │ 2010/08/09 13:59 │
>びぅいさん

指定業者の入札会社を制限せずに、或いは「ポスターを作ったことがある」程度の緩い要件で行えば、きちんと競争してくれそうです。
談合の可能性が出る場合は・・・
予定落札価格の一枚単価を500円以下とすれば、いいかもです。

それでも無理なら、やっぱり単価を500円以下として今までどおり公費負担精度でも良いですね。
足が出る分は、自腹でやりなさい、と。

きっと、一気に選挙ポスター作成費が減るでしょう。
│ クラ URL #WiSUj39Y[ 編集] │ 2010/08/09 14:06 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search