一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201710« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712
予防接種をする前に、知っておきたいこと。
 1994年(平成6年)、予防接種法が改正され、予防接種を受ける義務が無くなりました。
 私が子供の頃は、学校で強制的に予防接種を受けていましたが、 「受けるか、受けないか」本人(或いは保護者)が選択できる ようになったのです。

 【選択】というものは、「正しい情報(賛否両方)」 があってはじめて行えるものです。

 しかし、どうでしょう。
 「予防接種は受けるべき」 とか 「子供に予防接種を受けさせるのが親の務め」 という先入観が出来上がっていませんか。

 「当たり前だ」と思っていると、疑問(情報)を挟む余地は非常に小さくなり、選択の幅が無くなってしまいます。
 今回の記事が、冷静な判断の一助となってくれる事を願います。


 予防接種とは何か。
 ウィルスを弱体化させてつくったワクチンで、軽い病気にすることです。

 予防接種によるメリットは何か
 ① 一般的に、軽い病気になることで、その病気に対する免疫力をつくり深刻な症状を回避します。

 予防接種によるデメリットは何か
 ① 免疫残存期間は、罹病による免疫よりも短く何度も予防接種する必要がある。
 ② 免疫力が長続きせず(消失してしまって)、大人になって罹病した場合は重篤化する事もあります。
 ③ 副作用で麻痺障害や死にいたる場合もあります(救済制度あり)。

 予防接種を受けるか否かは、メリットがデメリットよりも大きいか小さいかで判断するべきです。

 【ポリオの予防接種】
 例えば、ポリオですが、日本で自然に罹病する事は無くなり、1981年以降根絶されました。
 しかし、予防接種を受けた事で発症し、麻痺などの障害を残した例があります。また、数字には出てこない嘔吐や下痢、発熱など軽い副作用も多数あると思われます。

 つまり、通常生活を行う上では予防接種を受けるメリットが現状乏しく、デメリットの方が高い状態です。
 ただ、アフガニスタン・インド・ナイジェリア・パキスタンの4ヵ国はポリオの発生、輸出国となっています。これらの国から持ち込まれる可能性はゼロでは無いため、ポリオの予防接種は継続されているそうです。


 【麻しん風しんの予防接種】
 麻しん(はしか)の場合、予防接種で中途半端な免疫をつくってしまう事によって、子供を出産するときには免疫力が小さくなってしまいます。
 問題は、母親から子供に受け継がれるべき免疫能力も低下させてしまったことです。
 それによって、1歳未満児の麻疹にかかる人数が増えた原因ではないかとする意見も出てきました。

 また、麻疹の予防接種は1966年に任意接種として開始され、1978年より定期接種とされたが、予防接種を行う前から患者数・死亡者数が減少しています。
 fig1a.gif
 国立感染症研究所の図表

 予防接種の効果が本当はどれだけなのか、予防接種によって免疫の弱い成人、及び乳児をつくり出すリスクとの兼ね合いはどうか。
 より慎重な研究が必要ではないでしょうか。

 風疹は、子供で発症するよりも大人になって発症する方が危険な病気です。特に妊婦の場合、胎児に影響が出るそうです。
 子供の予防接種よりも、妊娠を考えている母親が事前に抗体検査をして、心配な場合に受けるのが賢いのかもしれません。
 (既に妊娠の可能性がある場合は、自身も子供に対しても見合わせるべきです)


 【子宮頸癌の予防接種】
 最近、流行りだした子宮頸がんの予防接種。
 公費助成を訴える団体や実際に公費補助を決めた自治体が出てきています。
 国会では、公明党共産党が公費補助となるよう取り組んでおり、自民党や民主党の議員の一部にも動きがあります。

 しかし、いま流通しているワクチンは、HPV 6・11・16・18型に効くとあります。
 日本の子宮頸がんでは多く見られるのは、52型と58型であるという。しかも、扁平上皮の子宮頸がんについては18型はがん化せず、自然消失する18型に至っては子宮頸がん化せず、自然消失する
 (参考・がん情報サポートセンター

 つまり、予防接種による効果はあやしいということになります。

 その上、性交渉の経験がある人に対してはHPV 6・11・16・18型であろうと効果が望めないという。
 一方で、ワクチンによる副作用も他の予防接種同様にあるのだから、安易な推奨は出来ない。死亡例すら報告されています。

 結局、予防として確実なのは、定期的に検診を受診(早期発見)することです。
 効果も分からないワクチンに公費補助をするよりも、検診にお金を使ったらどうか。


 調べると予防接種について考えさせられることがたくさん出てくる。
 せっかく、「予防接種を受けるか、受けないか」選択できるようになったのだから、納得して選んで欲しい。

 ケースバイケースで、予防接種が望ましい場合、避けた方が良い場合もあるでしょう。
 予防接種を受けることで健康被害にあう事もあれば、予防接種を受けないことで病気にかかることもあるでしょう。

 【選択できる】とはその行動に責任を負うことです。

 せめて、「知らなかった」「知っていたら」と言わずに済むよう勉強しましょう。
 行政や議員、医療関係者は出来る限りの情報を提供していくべきである。

 この記事で、予防接種を考えるキッカケになる人が一人でもいれば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
| 2010/04/29(Thu)07:00 |
| その他 | comments(6) | trackbacks(0) |
<<未来の子供たちに遺したいもの、遺したくないもの。設楽ダムのDVDが完成 │ ホーム │ そしたらしたら祭に行って来ました!!>>
こんにちは、お邪魔します^^

クラ様のおっしゃる通り、メリット・デメリットの正しい情報があってこそ、
選択できるというものですよね。^^

しかしながら、実際メディア等から知らされる多くの情報は、
良い面ばかりで・・・。

子宮頸がんワクチンについても、情報が足りてるとは思えないですし、
このワクチンの日本人への有効性、安全性も十分に解かっていない段階で、
接種を推奨し普及開始する事は、あまりに危険だと思いますし、私は理解できないですね・・・;
これは新手の人体実験なのでしょうか?!w

ワクチンの副作用で、重度の障害を負ってしまったり、
最悪亡くなってしまった等という例も、先行して実施している国々では出ているそうですが、
日本でそういった情報は殆ど出されてませんよね・・・。
意図的に、表に出さないという事もあるのでしょうけどw

自分から進んで知ろうとしなければ、真実が見えない世の中なんて、
本当に悲しいですね ;;
│ 牡丹 URL #rId1tC1Q[ 編集] │ 2010/04/29 20:00 │
予防接種を宣伝する人たちは、その製薬会社だったりお医者さんだったりします。
彼らは商売的に「予防接種を受けてもらう」という目的があって、宣伝するわけですから偏りが出来てしまいます。

最近では、副作用で後遺障害を受けた人や遺族らの運動もあって少しずつ、「危ないよ」という意見も出てきました。
(勿論、ワクチン被害者は「ワクチンは危険」という結論に陥りやすく、偏りが出来てしまいやすいです。)

行政や議員あるいはマスメディアは、中立としてこれらの情報を両方伝えていく努力が必要ですね。


子宮頸がんの情報は、まだまだ新しい流行(?)のものですからね。日本では情報そのものが不足しています。
そんな情報ゼロのところで・・・
【自分の利益の為に情報を流す者】と【利益は無いが危険を知らせる者】がいたとする。
前者は利益の為に情報発信する動機は強く、お金も多く使えるでしょう。
後者は自身に利益なく情報発信する動機が弱く、お金も使いにくい。

こういう差で情報が偏ってしまうのかも。
何に対しても、「ちょっと待てよ」「これ本当なの?」という目で見れるようになれたら良いと思います。
勿論、私の言葉すら疑って欲しい。「役所が言ってるから正しい」とか例外をつくっては駄目ということです。
疑ってみて、「本当みたいだな」と思ったら信用すれば良い。


大人になっても詰め込み教育されてちゃ駄目だよね。
│ クラ URL #WiSUj39Y[ 編集] │ 2010/04/30 12:20 │
>日本の子宮頸がんでは多く見られるのは、52型と58型であるという。しかも、18型に至っては子宮頸がん化せず、自然消失する。

この書き方だと18型は感染しても問題無しととられる危険があります。これでは正しい情報を提供しているとはいえないですし、がんサポート情報センターの記事を誤読しているのではないかと思いますが、いかがですか?
│ zukunashi URL #SFo5/nok[ 編集] │ 2010/05/04 13:09 │
ご意見有り難うございます。

がんサポート情報センターの記事(参照先の2頁目)では「18型では12例中増悪したものはありませんでした」「当院で調べた結果、異形成で18型が検出されたケースでがん化したものは1例もなく、すべて治療せずに自然消失しました」とあり、その上で記事にしています。

ただ、確かに「100%問題となる可能性はない」とは言い切れませんね。
がんサポート情報センターではたまたま100%子宮頸がん化しなかっただけの可能性があります。

症例数がもっと増えていったときに、子宮頸がん化する場合があってもおかしくありません。

あとは扁平上皮がんに焦点を当てた研究ですので、線がんについては研究対象外となっていますね。
【扁平上皮がんの子宮頸がんについては、今のところ18型でがん化はせず、自然消失している】とするのが良いかな?
引き続き、ご意見頂けると幸いです。
│ クラ URL #WiSUj39Y[ 編集] │ 2010/05/05 01:13 │
正しく引用して下さい
クラ様へ
お返事有難うございます。
がん情報サポートセンターの記事は、仰られる通り扁平上皮がんについての記事であり、腺がんは除いております。子宮頸部異形成の検査で18型感染者はその後扁平上皮がんになることは殆どない、と言えますが、18型に感染した場合に腺がんになる可能性については全く言及していません。
それに付いてはクラ様の記事には一切言及が無いので、これを読んだだけの人は本来の記事についても誤解することでしょう。
がん情報サポートセンターの記事自体はワクチン接種を否定するものではないですので、クラ様がソコから恣意的にコントロールして記事を書いたことになりませんか?意識するしないに関わらず。そうするとこの記事の本意である、正しい情報から判断するという事自体記事内で否定してしまうことになります。
引用、要約は十分注意して下さい。
特にがん情報サポートセンターの記事から引用したのならいいですが、今回のようにご自分で要約をしている場合、一つ間違えれば改竄している事になります。
なおクラ様の記事については、これ以外にも説明が足りないところや事実誤認はあるかと思いますが、私が指摘するのはここに留めておきます。予防接種を考える切っ掛けが、正確とはいえない情報からというのも、反面教師ではあると思いますので。
│ zukunashi URL #SFo5/nok[ 編集] │ 2010/05/05 07:39 │
こちらこそ、有り難うございます。

基本的に「ワクチンを打つな」と言う記事ではないので、恣意的にどうこうする気持ちもありません。
が、引用・要約の難しさ、注意が必要という意見はもっともだと思います。

とりあえず、「扁平上皮がん子宮頸がんについては~」と直しておきますね。
他にも疑問点があるとのことですが、指摘頂けないという事ですが、気が向いたら宜しくお願いします。

2番目のコメントにも書きましたが、閲覧者さまには私の言葉も疑ってそれぞれが判断して欲しいし、私も含めて勉強していく切っ掛けになりますので。

ともあれ、貴重なご指摘有り難うございましたm(__)m
│ クラ URL #WiSUj39Y[ 編集] │ 2010/05/05 12:49 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search