FC2ブログ

一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201909« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201911
2019年9月議会 一般質問(有機農業などの普及促進)
 2019年9月議会の動画が完成しました。
 また、9月議会報告紙も完成し、10月中旬頃から配布予定です。
 *以下動画は、活動報告紙を見ながらご覧ください。

【 循環型社会の為の有機農業等の普及推進】


 遅れていると言われる日本も含め、世界的に有機食品の市場はこの10年で1.5倍に増えています。減農薬減化学肥料のものはさらに拡大しているものと思われます。
 一方で、愛知県は全国平均よりも4割ほど遅れている状況であり、県も有機農業希望者に慣行農業を勧めるなど、その取り組みに疑問を持つ部分も明らかになりました。

 もちろん経営的に、有機農業がまだ勧められないとしても・・・
 経営が成り立つように技術開発や指導体制をつくるように、というのが国の法律で求められています。
 この点を県に対しても求めていかなくてはならないと感じました。

 *有機農業の取組面積
取組面積有機割合
日本全体10,000㌶0.5%
愛知県220㌶0.3%
豊川市0.92㌶0.1%以下


 また、動画の28分頃に「学校給食に有機農産物などを」との質問で、「形が揃っていないこと」が課題として出てきました。
 一般の市場などでも、不揃い品は「くず野菜」として扱われるか、捨てられる現状もあります。
 しかし、その画一的なものを求めることは、「人間社会での多様性を認めない教育の部分でも悪影響があるのでは?」とも感じます。
 単なる、栄養や食事に対する教育だけではない、人やより良い社会道徳などを考える食育につながる部分かな、と思います。

 また、質問はしませんでしたが、今後有機農業などの普及には、慣行農業者との相互理解(雑草の処理、農薬の飛散など)、共存関係を築けることが地域農業にとって重要な課題に思います。
 また、その課題には調整や仲立ちなど行政だからこそ出来ることがあると思います。

 【参考】
 *有機農業をめぐる事情(2019年8月版)

 *有機農業の推進に関する法律
 *有機農業の推進に関する基本的な方針

関連記事
| 2019/10/08(Tue)10:34 |
| 議会関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
<<表現の自由って何?「あいちトリエンナーレ」と「文化勲章」に対する違和感 │ ホーム │ 2019年6月議会 一般質問(海軍工廠跡地売却プロポーザル)>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search