一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
200710« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200711
東京都知事選挙に思う、SNSで気を付けたいこと。
 2016年東京都知事選挙が終わりました。

 ある意味、分裂選挙であるにも拘らず増田候補があそこまで得票できてしまう自民党の底力を感じさせられる選挙であり、鳥越氏の惨敗からは野党の力の無さが浮き彫りになった選挙でもありました。

 当選した小池氏には、選挙戦で訴えていた通り、「都政の透明化」「オリンピックの予算見直し」「LED化推進等による脱原発」などを進めていって欲しい。

 さて、SNSで最近気を付けたいと思っている事があります。
 
フェイスブックなど顔の見えるSNSでは、日本人の心優しい配慮から「周りの異論」に気づけなくなるということです。

 友人の投稿に「異論をはさむ」のは勇気の要ることです。
 また、「異論」を言ってしまった後に集中砲火を浴びる可能性もあり、その労力を思うと更に腰も引けるでしょう。

 特に、政治関係になると「この人を当選させる」という目的が出来てしまって、何を言っても馬耳東風という状態になってしまう事もあるだろう。
 中には「都合のいい情報(嘘を含む)は真実で、都合の悪い情報は無かったことにする」かのような人もいる。
 (選挙応援者としては優秀でも、政治的に正しいことかは非常に疑問です)

 これでは、異論を伝える「意義」も無くなり、結果その人の周りは「同じ主張ばかり」になって、余計に視野が狭ばり現実が見られなくなっていく

 当たり前のことですが、友達関係も「見ていて気持ちいい」投稿をする人たちに偏ってしまいがちになります。

 幸い私の友達には、いろんな主張をされる人がいてくれる。
 それでも、私の投稿に必ずしも同意しないけど黙っててくれる人もいると思う。

 たまに、私の投稿への返信が好意的なものばかりで「すごいね。みんな応援してくれてるね」と言ってくれる人もいる。
 けれど、やはり表には出てこない「異論の存在」を常に意識しておかなくてはならない。

 SNSは人と人との距離を縮め、とても有意義なものです。しかし・・・
 その弊害を特に政治家は気を付けていかないといけない。

にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
| 2016/08/01(Mon)15:00 |
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
<<2016年9月議会 道路等の維持管理について │ ホーム │ 東京都知事選に思う、メディアは必ずしも公平・正確じゃない。>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search