一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201710« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712
寺本ひろゆき議員との意見交換会
 昨日、朝10時より豊橋市議会議員である寺本泰行の事務所にお邪魔してきました。

 すぐ前の賀茂神社では「しょうぶ祭」が開かれており、こちらも見学してきたけど今回はスルーの方向で(^^;


 まず、寺本市議と言えば「一人は欲しいオンブズマン議員」として、多くの政治家が「立候補の段階から、税金の無駄使いをしている」として、ポスターや燃料代の公費不正請求問題を追及している人物

 一方、住民監査請求のときに不正な偽装署名活動をしたとして、反撃も食らってもいる(寺本氏が要求している筆跡鑑定もせずに真相は闇の中に葬られた)。
 ただ、議会の動きや裁判の動きは鈍いながらも、「ポスターの不正請求はしないで下さい」と立候補説明会などで職員が注意するようになった。
 当たり前のことだが、寺本氏のおかげで「当たり前の行政」が行われるきっかけが作られたのだと高く評したい。

 豊橋市の方、寺本泰之と言う議員がいることを誇りに思って良いと思います。
 私が見てきた議員の中では「もっとも政治に汗を流し、信念と未来への展望を持った政治家」です。


 本題に戻って…
 朝は北朝鮮・拉致問題の話を寺本市議され、豊橋市がよど号犯人グループと縁がある街だとはじめて知った。

 詳細を書きたいのだけど、現段階ではさまざまな意味で潰される危険があるのでネタは温存。
 ただ、残念ながら私の住む街・豊川市も無関係ではいられないので問題意識として持ち続けたい。

 意見交換では、「国民の関心がもっと前面に出るようにならないと政治家は動かない(=そういう議員が多い)」
 「今回の再調査やよど号犯人引渡しはアメリカのお膳立てのもの」などと日本の政治家への不信感が強く出されていました。

 私自身は、別のところに目を向けて、「横田めぐみさんの遺骨のDNA鑑定の根拠が薄いにもかかわらず、別人のもの」と日本が主張していることを問題視させていただいた。
 「国際的に信用を失うので、科学警察研究所が[DNA鑑定で判断するのは困難]としていることなど、全ての情報の元で主張するべきだ」と思っている。
 勿論、DNA鑑定以外の北朝鮮の説明に矛盾点があり、信用できないのは確かではある。


 午後からは、セミプロミュージシャンの演奏を聴き惚れながら、ゆったりとした休憩?を挟みつつ、「議員定数」や「同性愛」、「政党政治」など多方面の議論に没頭。
 いくつか私と寺本さんの意見の相違もあって、大いに盛り上がって気付けば夜の九時近くになっていた。。。

 新しい出会いもあり、とても充実した休日となりました。
追記
 寺本市議は市政報告会や仏教座談会など哲学的な勉強会も定期的に開いています。興味がある方は、足を運んでみると面白いです。

 正当な反論をシャットアウトしたり、無理やり後援会に入らせるなど悪しき政治家のような真似もしないのでお気軽に。
 不安があれば、都合が付く場合に限りますが私が付き添ってもOKです←一番、信用できない奴(笑
関連記事
| 2008/06/16(Mon)18:46 |
| 政治経済 | comments(0) | trackbacks(0) |
<<福岡市長宛に意見を出した │ ホーム │ 地域を盛り上げるのはやっぱり「人」>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search