一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201706« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201708
地域を盛り上げるのはやっぱり「人」
14123.jpg

 いきなりですが画像の国旗、どこの国か分かりますか?
 (日本の国旗に似ているのは、ちょっとしたヒントにもなってます)

 実は、「ちからの会」というボランティアに参加しているのですが、今日「ひろいし児童館」にて児童館祭りが開催され、そのお手伝いに行ってまいりました。
 私が担当したのは小学校4年生以上が対象の国旗で国名を当てる「わかるかな?」というコーナーでした。
 ・
 ・
 ・
 そして、問題見てビックリ。
 自分も知らない国旗がもっさり♪画像の国旗はその一つです。
 ヒントで「首都はマルキョク」と言われても分かりません(汗
 問題出す側で助かったというのが正直なところです。

 あとニュージーランドの国旗を出すと、「オーストラリア!」と引っかかる子が多かった。分かるぞ、その気持ち(笑
 オーストラリアの留学生を受け入れていたから、余計に間違ちゃうんだよね^^


 さて、国旗の答えは放置しておいて←酷ぃ
 豊川市・子ども課の課長が見に来られ、他の児童館と比べて「(若い男性ボランティアもいて)活気が全然違いますね」との言葉を置いて言ってくれたそうだ。

 改めて思います。
 結局、地域や何かを盛り上げるのはやっぱり「人」であって、お金やモノではないのだ。
 大きな難題を全国に先駆けて解決の糸口を見つけているところ、そこにはいつも住民のパワーや創意工夫があるよう感じる。


 福島県矢祭町は、住民が道路を直して地方交付金が減る中で「住民サービスを低下させず「合併しない自立(自律)の町」を堅持している。合併を選択した町が住民サービス低下を招いているのと雲泥の差だ。
 兵庫県丹波市では、医療崩壊を地域のお母さんたちが食い止めている(県立柏原病院の小児科を守る会)。

 これからの政治・行政には「どこにお金を配分するか?」ではなく「どう地域の人と町づくりを進めるか」を主眼に置いた政策が求められるのだと思う。
 そして、「行政・政治任せではいけない」ことを私たちも理解していかなくてはならないのでしょうね。


※答えは「続き」をクリック
【国旗の答え】

パラオ

第一次世界大戦の戦後処理で日本領となった国。
第二次世界大戦後は国際連合の名の下にアメリカが統治。
1994年10月1日に独立。

親日感情が高いと言われています。
関連記事
| 2008/06/07(Sat)18:38 |
| 地域行事・ボランティア | comments(0) | trackbacks(0) |
<<寺本ひろゆき議員との意見交換会 │ ホーム │ クワガタと経済と政治>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search