一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
200710« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200711
クワガタと経済と政治
 まず・・・ とっても無理やりな展開します。文章練ってません。ごめんなさい。

 つい先日、いつものように仕事をしていると「なんだこれ?クワガタ?」と言う同僚の声が。
 見に行くとコクワガタが顎を大きくひろげたまま床で静止していました。
 思わず、掴んでみましたがあまり暴れません。。。夜行性といえども夜中の寒さで鈍くなってたみたい。そっと外に逃がしておきました^^


 さて、東京など都会ではクワガタやカブトムシの専門店があって、コクワガタも売ってるとか。
 我が緑豊かな町じゃ考えられないけれど、これが「需要」「供給」と言うやつなんだろう。
 クワガタが放って置いても飛んでくるような所では、「供給過剰」でお金を出してまで欲しいと云う「需要」はないに等しい。

 都会だとクワガタの「供給」が少なくて、相対的に「需要」が増える。だから、お金が動く。市場がそこに生まれる。

 ところで、私たちは自らが欲するものを買い集め、皆が欲しがってて希少性のあるもの=高価なものほど大切に扱ったリする。


 自分の周りに、沢山の水、沢山の森林、目に見えないおいしい空気がこれでもかと供給過剰と思えるほどあるけれど、狭い視野・浅い先見性で「値札なき大切なもの」を見過ごしてきた

 今…いや、ずっと前から環境破壊が物凄い速さで進んでいる。
 中国の黄河は工業排水などで魚が大量死する「死の川」と化している。日本でもさまざまな公害の歴史がある。森林面積減少も止まらない。

 自然環境の大切さはもう分かってるって?
 「市場の外」に気を向けなかった為の歪みが災いとなって私たちに降り注いだ。
 規制と罰則、ゴミ袋有料化に二酸化炭素排出権etcetc...環境問題を「市場」の中に組み込んだ。
 だけど、まだまだ「市場の外」は私たちの思っている以上に広がっているのではないか。気に留めていたい。


 ついでに言えば、選挙(政治)に無関心な人も「目に見えない大切なこと」を見過ごしているんだと思う。

 今日、明日の投票が割に合わないことだとしても、無関心であることが楽だとしても・・・
 今日の政治的関心と国民の監視が、貴方の老後・未来の子供たちの世界を決める。

 政治に関心を!!
関連記事
| 2008/05/30(Fri)18:29 |
| 政治経済 | comments(0) | trackbacks(0) |
<<地域を盛り上げるのはやっぱり「人」 │ ホーム │ 就職決定/議員の再就職>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search