一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201703« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201705
憲法、集団的自衛権、国防について
 活動報告紙13解釈改憲に対する討論である程度私の考えは公表させて頂いていますが、若干説明不足の感もあるので、補足を兼ねて書き残しておきます。

【基本認識】憲法9条には、自衛権・自衛隊保有の権利がある。
 よく共産党などが、「自衛隊は違憲だ」と言います。
 よく右派も、「9条に自衛隊を明記しないと!」みたいなことを言います。

 しかし、以下の憲法制定の経緯から自衛隊は、合憲だと考えられます。 

 ①マッカーサー元帥の当初案 

日本は紛争解決の手段としての戦争、さらに自己の安全を保持するための手段としての戦争をも放棄する。
日本は、その防衛と保護を、今や成果を動かしつつある崇高な理想に委ねる。
*解釈
赤字部分に注目すると、【戦争】には侵略戦争と自衛戦争の二種類の戦争がある事を示して、両方とも放棄させようとしています。

  ②ケーディス民政局次長の修正

 「自衛戦争の放棄は非現実的」として、マッカーサー原案の【自己の安全を保持するための手段としての戦争をも放棄する】という文言を削除しました。

 そこで、現行憲法をおさらいします。
憲法第9条
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 赤字部分を、重ねて読んでみてください。
 国際紛争を解決する手段としては、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」となります。
 =自衛の為の戦力は、保持しても良いという事です。

 結論として、どこまでが自衛戦力かという議論の余地はあるものの、憲法9条においても「自衛隊の存在は合憲」であると理解できます。
           

【この国の国防問題】
 上記のように、この国には自衛権も自衛の為の武力行使も認められています。
 しかし、この国は尖閣諸島・竹島などの領土領海の侵害に対して、自衛権を発動していません。

 そしてなぜか、集団的自衛権があればどうにかなるとでも政府は錯覚しているかのようです。
 集団的自衛権の行使とは、その相手国に対する宣戦布告です。どれだけの人が想像できているでしょうか。

 自衛権を発動できない尖閣諸島・竹島での自省的(臆病?)な態度から、どうして集団的自衛権の発動=宣戦布告が出来るのか。
 小手先の解釈変更では、何の解決にもなっていないのです。

 一方で、念仏を唱えるが如くの護憲派にも辟易してしまいます。
 彼らは、他国からの侵略に対して何の解決策も示さないからです。

 改憲・護憲共に、目の前にある問題の解決策を、或いは妥協策を国民の前で議論すべきです。
 そして、国民の覚悟(或いは妥協)と共に、この国の目指すべき国の姿を憲法として示すべきです(勿論、結果的に改憲せずの答えだっていい)。

~因みに、私ならこんな9条(改憲)を提案するよ~

・国民及び国土領海領空を守るため以外に自衛権の発動はしない。また、必要以上の戦力も保持しない。
・他国間の国際紛争に対しては中立を維持し、国際平和協力活動においても人道的見地に立った行動を旨とする。


【追記】
 なお、「集団的自衛権がないと中国が攻めてきたとき、助けてくれない」という人がいるかもしれない。
 しかし、いま南沙諸島侵略中の中国を誰も攻撃しないように、元から他力本願など期待できない夢想であると言えます。

 自分たちの国を、どう自分たちで守るかが解釈改憲なんかよりもずっと必要な議論であるはずです。


にほんブログ村 政治ブログへ

関連記事
| 2014/07/13(Sun)21:11 |
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
<<新城市議会の迷走について │ ホーム │ 2014年6月議会 一般質問(介護保険と福祉タクシー)>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search