一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201708« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201710
経済効果って何?~B-1を振り返って~
 B-1グランプリin豊川の経済効果は愛知県全体で35億円、東三河で20億円と推計され発表されました。
 皆さん、実感してますか?

 一般質問では国の推計手法に基づいて経済効果を算出したと答弁されてました。そこで、少しお勉強したら・・・曲者でした。

 例えば、B-1会場で「いなり寿司」が300円で売れたとします。
 これで経済効果は300円。

 更に、いなり寿司を作るにはお米や酢、油揚げが必要だから、お米代やお酢代など材料費も経済効果に含めるという。
 例えば材料費150円だとしたら、いなり寿司300円+材料費150円。

 経済効果は450円って・・・ん(゚、。
 そもそも販売価格のいなり寿司300円の中には、材料費が含まれている筈ですよ。

 経済効果450円と言うのは、無茶苦茶です。
 もっと言えば、お昼にいなり寿司を食べた人は「普段食べてた昼食を食べなくなる」のであるから、その分をマイナスにしないといけないよ。

 コンビニのおにぎり300円分を買わなくなったとしたら・・・
 経済効果は300円ひく300円で0円になる筈です。

 結局、行政の言う経済効果とは・・・
 「自分たちの政策が役に立ったと宣伝したい為、水増し計算した数字」でしかなさそうです。
 (メディアが「経済効果云兆円!」とか紹介しても、殆ど実感しない理由がよく分かりました)

 本当ならば、いつも300円分のおにぎりしか買わない人に、500円のいなり寿司を買わせて初めて「効果」があったというべきです。
 ただそれも、今日は500円遣ったから明日は節約して100円にしようとなれば、効果は0円という事になります。

 B-1の本当の経済効果は?
 豊川市政で言えば、豊川市外からどれだけお金を落として貰えたかです。

 ただ、例えば「亀山みそ焼きうどん」を買っても、豊川市に落ちるお金はほぼ皆無です。
 (豊川市の材料が使われていない)

 またイベントの為の税金支出20億円も・・・B-1が無ければ他の事業に使えたものですから、経済効果に算入出来ません。

 とすると経済効果の正味部分は・・・下記の4つになると思われます。
 1.豊川市のホテル宿泊代金。
 2.たべりんくうポン券の利用額2億4392万2700円のうち、豊川市の材料が使われた僅かな部分。
 3.公共交通機関の売り上げ増のうち豊川市税収となる部分。
 4.市外来場者が(B-1会場外の)豊川市店舗で食事等してくれた代金。

 経済効果はざっくり計算して1億円にも満たなかったんじゃないか。
 こう考えれば、B-1の経済効果を市民があまり感じていないのと合致します。

 因みに、ボランティアなども「自分たちの仕事や遊びを自粛して」手伝っており、本来あった筈の経済活動がされなかったことを意味します。この部分もマイナスしないといけません。

 結局、B-1を誘致した事で得られたモノは、経済効果などではなく、TVなどメディアへの露出、つまり宣伝効果がほぼ全てだと思います。

 これを活かせられなければ、すべては自己満足に終わるという事です。

 B-1グランプリを誘致した成果は、実はこれからの施策に掛かっています。

にほんブログ村 政治ブログへ

関連記事
| 2014/03/23(Sun)23:16 |
| 政治経済 | comments(0) | trackbacks(0) |
<<2014年3月議会~一般質問&予算討論~ │ ホーム │ 南海トラフ巨大地震。その時、私は貴方を助けに行けない>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search