一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
200710« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200711
南海トラフ巨大地震。その時、私は貴方を助けに行けない
私は消防団員です。
けれど大地震の時、貴方の家が火事になっても消しに行くことは出来ないと思います。ごめんなさい。

何故?
① 道路がグチャグチャで消防車がいけない可能性があります。
② 消火栓の配管などが壊れて、水が出ない可能性があります。
川も汚れて水が吸えないかもしれません。
③ 上記、苦労を乗り越えつつも、大地震の時は連続多発的に火災が起き、貴方の家の順番が回ってくるのがいつになるか分かりません。

どうしよう?
【火災原因】

東日本大震災の時の火災の53%は、電気による火災です。
原因不明を除けば64%にもなります。

【現実対応】
電化製品を使わないのは非現実的ですが、大地震が起きた時に電気が遮断されればOKです(医療機器使用中の方は注意!)。

【震災時の心構え】
大地震があり、避難する前にブレーカーは落としていきましょう(電気復旧時の火災を防げます)。

【もっと気楽に】
震度5以上でブレーカーを落とす「感震ブレーカー」なるモノがありました。
① 分電盤タイプはお金に余裕のある人は検討しましょう(約10万円)。
② ブレーカーに重りを設置する簡易タイプが1,500円程度であるようです。
③ 個人的には、漏電ブレーカーという日常の漏電火災を防ぐ機器も有効かと思います。

いつかあなた自身の役に立つ防災自助の具体例でした。
なるほどなと思ったら、感震&漏電ブレーカーの設置検討をよろしくお願い致します。
(家具の転倒防止もお忘れなく!)

あなた自身と大切な家族を守れるかどうか、今のあなたの選択に掛かっている。


参考1
横浜市 感震ブレーカー設置促進
参考2
消防庁 電気に起因する火災の出火防止対策に関する提言(補足)


にほんブログ村 政治ブログへ

関連記事
| 2014/03/05(Wed)17:54 |
| 原発・エネルギー・防災 | comments(2) | trackbacks(0) |
<<経済効果って何?~B-1を振り返って~ │ ホーム │ 豊川市議会の議員定数の行方は・・・?>>
こちらでは初めまして。
なるべく失礼の無い様にしたいと思いますが、無礼者と思ったら成敗して下さい(予防線)


――それ以前に
『クラさん自身が被災し、消防活動出来無い』
という可能性もありますよ?

つまり何が言いたいのかと言うと
『ある程度の被害拡大防止は個人の心掛けも重要』
って事ですよね。
(結局の所、クラさんと言ってる事は同じですが)


漏電ブレーカーの存在、初めて知りました。
それ以外にも
『消火器は使える場所に置く(火元に近すぎると火災時に消火器に辿り着けない)』
とか言った、ちょっとした心掛けで行政に頼る事が減ると思うのですが……


尤も地震発生時に自宅に居るとは限らないのから、いくら震災に対する備えを家庭で万端にした所で、出先で災害に遭う可能性を考えたら外出もままならないと思ってしまいますが。
そう言った『帰宅困難者』とかには行政の保護が必要でしょうが、それ以外は出来るだけ各家庭の備えを促した方が良いと考えます。

どうも一般市民は
「いざとなったら行政が何とかしてくれる」
と考えがちですからねぇ。
そもそも行政に携わる方々が被災すれば、行政の支援自体が論理的に出来ませんからね。


駄文&長文、失礼致しました。
では。
ホーネットさん、此処では初めまして^^

言い難いのですが消防団もまずは自分の命を最優先にして下さいという国のお達しも来ています。
救助などに行くのはその後…という事になっています。

自分の命を他人任せでいては、本人の命だけならいざ知らず、判断の出来ない子供たちまで巻き込むのである意味、悪質とさえ思います。
自助:共助:公助の割合は、7:2:1ということを市民全体が理解できれば、おのずと災害に強い地域が出来上がると思います。

仰ること、その通りです!
│ クラ URL #WiSUj39Y[ 編集] │ 2014/03/11 16:57 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search