一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201710« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712
議運の決定に対する申入書
 これまで豊川市議会では、議会運営委員会に「一人会派も出席できる(議決権はないが発言できる)」という申し合わせ事項がありました。

 ★ 議会運営委員会の申し合わせ事項(抜粋)

【交渉団体】
所属議員2人以上の会派を交渉団体という。
ただし、他のすべての交渉団体が認めたときは、この限りではない。

【一人会派の議員の出席】
一人会派の議員は、(議会運営)委員会に出席し、発言することができるものとする。
(実は、一人会派にも議決権を与える余地のある素晴らしい規則でした。過去の豊川市議の見識の高さが伺えます。)

 議運とは、議会運営を円滑に執り行うための委員会です。
 どこの会派とも意思が違う一人会派(私)の出席を無条件で認めていたのは、会派制との兼ね合いをさせながらも民主主義の尊重を表す進歩的な事例でした。

 しかし、6月に急遽「一人会派(倉橋)を出席させない」と最大会派が主張・・・
 申し合わせ事項を「すべての交渉団体が認めた場合に限り、委員会にオブザーバーとして出席できる」と大幅後退する内容にしてしまいました。

 そして、私は改めて出席願を出していましたが、8月21日に「(今期の倉橋の出席は)認めない」と共産党以外の会派が主張して決定されました。


 本日、その正式通達を議運委員長に頂いたので、同時に申入れ書を提出してきました。
 
議運申入書 

 申し入れ事項は二つ。
 一つ、「認めない」理由を示して下さい。
 二つ、判断基準を示して下さい。


 ・・・二つ目の回答次第では、無駄な議運開催時間が減ったりするカラクリもあったりします。

にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
| 2012/08/24(Fri)22:08 |
| 議会関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
<<議運の決定に対する申入書の【回答】 │ ホーム │ 議会改革研究会への提案2012年Ver.>>
私は政治に詳しくないので状況を正しく理解出来ているか自信はないのですが(ちなみに個人的にはいわゆる無党派層に属します)、豊川市民にとっては良くない方向にいっている予感はします。
一人会派を除くことで、運営費用や手間が激的に減るとかでもなさげですし、むしろ、わざわざ除こうとした理由が良くわからない感じがします...。感情的な何かみたくくだらない理由な予感もします...冷静になったとき何だったのアレってなるやつ....。
誰のどんな発言も、バイアスがかかることは避けられませんが、今後も倉橋さんのtweetを興味深く拝見したく思っています。大変なことも多いかもしれませんが頑張って下さい。
│ 導火線 URL #-[ 編集] │ 2012/08/25 02:34 │
コメント&いつも導火線ニュース等の配信ありがとうございます。

運営費用や手間は仰るとおり、ほぼ変わらないかと思います。人一人いなくなって冷房の効きが多少よくなるとかはあるでしょうが…

また仰る通り、私の言葉も私のバイアスが入ってしまう為、「文書での回答」を強く要求したところです。

大変なことは・・・きっと議員ならば当然の事とすべての議員が理解していると信じたいところですよね^^
期待を裏切らぬよう、頑張ります d(>_・ )
│ クラ URL #-[ 編集] │ 2012/08/25 12:46 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search