FC2ブログ

一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201909« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201911
表現の自由って何?「あいちトリエンナーレ」と「文化勲章」に対する違和感
 あいちトリエンナーレ「表現の不自由展-その後-」が再開されました。

 昭和天皇を焼く映像作品についての是非は以前Facebookで書きました。

 今回は、税金で芸術家や作品を選別することについて、書きます。

 津田監督などは、政治(役所)が各芸術に対して、補助金を出すか出さないか決め、或いは文句を言うのは、表現の自由を侵害するといいます。
 確かに、と一定の筋は通っているように感じます。

 しかし、そうであるなら…
 「文化勲章」で公が芸術家を評価することもやめるべきではないか。
 「文化勲章」を貰った人はほぼイコール「文化功労者」として年金350万円が支給されています(一部辞退者がいる)。

 この年金支給は憲法14条3項「勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない」に違反しているようにも見えます。
 参考/文化勲章と文化功労者の関係(Wiki)

 これこそ、憲法違反をしてでも行われる「芸術家の優劣を国が決め、年金まで支給して応援する芸術の選別・差別」ではないか。

 「表現の不自由展-その後-」に対する税金の不支給決定などが表現の自由の問題であるとするなら、「文化勲章(文化功労者)」の芸術家への授与も禁止するべきです。
 突き詰めていけば、公立美術館での作品展示も、その作品や芸術家を選別しており、選ばれない芸術家への差別だとも言われかねません。

 そうした場合、国が(公金で)どう文化芸術の推奨支援をするのか、根本的な議論が必要だと思います。


 もし、「文化勲章などは税金の支出(芸術家への応援)であって、表現の自由とは違う問題だ」というのならば、展覧会に税金を支出するか否かの判断も、表現の自由とは違う問題になると思います。

 そもそも、民間で行う展覧会に、国も政治家も異論は言っていません。
 表現の自由は守られ、検閲もされていない。自由に発表もされているのではないでしょうか。

| 2019/10/09(Wed)12:12 |
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search