一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201503« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201505
2015 豊川市議会議員選挙の報告
 この度、2015年度統一地方選挙において豊川市議会議員に再選をさせて頂きました。

  【選挙戦について】 
 税金の無駄遣いである選挙ハガキや選挙事務所からの電話作戦をやらず、4年間の通知表を頂くつもりで選挙に臨みました。

 街頭演説でも、「(私も含め)選挙の時の政治家を信用してはいけない」「市民が厳しい目で4年間何をしてきたのか見極めて欲しい」などと訴え、選挙のあり方を問い、本当の政治改革は市民からだと訴えました。

 (私の目に映らない所で、支援者様が心を込めた支持拡大をしてくれたことも大きく、感謝するものです)


  【結果について】 
 2015 豊川市議選 2738票 当選
 2011 豊川市議選 1949票 当選

 投票率が7%も下がってしまったのは残念ですが・・・
 前回より4割も得票を増やせたことに、「見てくれてる人はいるんだ」と自分の活動や政治に対して前向きに捉える事が出来ました。
 本当に、有難いことです。


  【選挙カーの効果】 
 選挙ハガキや電話は、私の2度の当選から効果が殆どないことがほぼ立証できたのではないかと思っています。

 一方で、今回公明党の3候補者が「選挙カーを使わない」選挙をされました。
 とても勇気のある決断だと結果を気にしていましたが・・・

 2015公明党3候補 7008票(小数点切り上げ)
 2011公明党3候補 8048票(小数点切り上げ)

 =マイナス13%

 投票率が下がったとはいえ、堅いと言われる公明党候補者の票がここまで下がると選挙カーの効果は一定程度あるように思いました。
 (公明党としては統計的に、選挙カーの効果は無いと判断されての実践だったそうです)


 【政務活動費や会派】
 「政務活動費は必要ない」と中日新聞のアンケートで答えた候補が私を含め3名当選しました。

 政治不信の元凶は「公約や言った事を守らない」政治家が多いからです。
 私以外の2名がどこの会派に行かれようと、この点だけは留意して欲しい。

 また、一部で「政務活動費を受け取らない議員同士で会派を組むのでは?」と思われている方がおられます。
 しかし、そこまで勇気のある議員は中々いらっしゃらないと思います。

 私からも誘う事はありません。
 誘われたから来たというような、意志の弱さでは共に歩むことは出来ないと考えるからです。

 私は議会内の勢力争いに興味はなく、今後も是々非々で本来の議員らしく活動をしてまいります。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2015/04/29(Wed)23:07 |
| 選挙 | comments(1) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search