一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201210« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201212
章南中学校ボート転覆事故~謝罪する気持ちありますか~
 とっても重いテーマである。
 また、隣市の私がブログにまで書くのはどうかと遠慮してきた。

 しかし、一週間以内に行われると思われた「裁判の和解条項」を市長が履行しない此処に至っては、糾弾せざるをえない。

 まず、裁判で示された謝罪が、未だされていない事実を皆様に伝えます。
 裁判によって示され合意した内容は以下の画像の通り。
 その他
 (クリックで拡大して下さい)

 赤線部分を見て貰えば分かる通り・・・

 「原告(遺族)らに謝罪する」

 ・・・はずが、もう10日も謝罪されずにいる。
 遺族無しで勝手に謝罪会見はしたが、和解案をどう読んでも履行はできていない。
 更に佐原市長の謝罪会見では、遺族にきちんと「謝罪会見をする」と知らせずに行った挙句、「遺族を誘ったが来なかった。」と記者に答えた。

 そして、赤字に戻るが、こうも書かれている。

 「豊橋市に責任があった」

 これは双方合意された和解の内容である。
 
しかし、佐原市長は謝罪会見で「市に法的責任はない」と言い放った。

 「賠償金」など支払わないで済んだから、法的な責任は無いという。
 そういう解釈をする人がいるのは、花岡鉱山の裁判例からも仕方がない。

 それでも・・・
 謝罪の場で言うことか!?

 和解条項に、いくつもの学校の不備が示されているじゃないか。
 別の海難審判では、「教諭の舵操作」によって転覆したのだと分かってきているじゃないか。

 和解案冒頭の最後、「衷心より謝罪する」とある。
 衷心とは、「心の底から」ということだ。


 心の底から、謝罪していたのか?

 更に遺族が10月30日と11月2日に、謝罪日程を調整しようとしたら「政務で忙しい」と断っている。
 しかし、市長の日程では・・・
 30日  9時~政策会議  11時~部長会議
 2日  在庁
 ・・・忙しいの?

 この2日間に限らず、
 本当に時間は無かったのだろうか?

 豊橋市は明日から市長選挙を迎える。

 私の市議会選挙と比べてはいけないだろうが、 私は選挙中、大変お世話になった方のお葬式に喪服に着替え並ばせてもらった。
 地元消防団の任務があり、これまた活動服に着替え選挙活動を中断した。

 時間を作ろうと思えば、心から謝罪をしたいと思えば・・・

 いつでも謝罪は出来る。
 
 市長の良心に期待する。
 これまでの学校側の対応(教員の心配ばかりして、遺族も生徒の心も顧みなかった!)も含めて、今さら何を期待するというのか。
 私自身、自問自答してしまうが、それでも期待させて欲しい。

 お願いします。

 最後に、ご遺族の綴るブログを紹介します。
 怒りのメゾフォルテ

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2012/11/03(Sat)20:20 |
| その他 | comments(4) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search