一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201104« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201106
そろそろボランティア(無償)をやめないか
 東日本大震災という国難に、ボランティア活動に関っている方々お疲れ様です。
 特に、仕事や売名でない無償の尊い行動は胸をうちます。

 世のため、人のための行動は『桶の中の水』のように、その善意は必ず貴方のもとに戻ってくるでしょう。
 善意の有志たちの将来に幸多いことをお祈りいたします。

 ただ、そろそろボランティアが必ずしも「政治的に最善なのか」も考えて行きたい。
 今、多くの被災者は仕事を失っています。

 縁戚を頼って命を繋いでいる家族も多くいます。
 頼られた縁戚の収入・財産も、もう限界に来はじめています。

 仕事が欲しいのです。
 もう既に、経済苦で首が回らなくなった方もいます。

 ボランティアが必要ということは、「人手が要る」ということ。

 働きたい人がいて、やる事もある。
 お金を払ってやって貰えばいいじゃないか。

 人の命を救う税金の使い方が、いま政治に求められている
 「他所の人間が仕事を無料でやってたら、地元の人たちが給料貰って仕事できない」

 海外援助などもそうだ。
 貧しい途上国に善意で毛布や物資を送ってると、地元の企業が潰れたりします。
 「無料・格安の上質毛布」が溢れたら、誰が地元で作る有料の毛布を買うのですか?

 援助が現地の自立を妨げ、人々の生活を壊すことがある。

 本当の援助は、モノや何かをしてあげるだけではなく、
 そこの人たちが自らの力で生活できるようにする事じゃないのか

 無償の善意、ボランティアは素晴らしい。
 だけど、それがベストではない事もある。

 行政も、ボランティアを行う者も
 場所や援助内容によっては、復興支援の転換点が来はじめていることを考えていってほしい。


 ついでに言えば(自分が被災者だったら)・・・
 お膳立てされた復興よりも、瓦礫撤去一つでも出来る限り自分たちで復興させたい。
 それが仕事だってんなら、なおさら幸せじゃないか。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2011/05/30(Mon)00:02 |
| その他 | comments(5) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search