一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201103« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201105
一人会派/清廉の志(こころざし)
 このたび、一人会派・清廉の志(こころざし)を設立いたしました。
 私の政治信条をいつまでも忘れず、守り通す意志を名前に込めました。

 豊川市議会の会派構成は次の通り。
会派名 人 数      備考
とよかわ未来・市民フォーラム12人 自民・民主・無所属連合
緑風会 8人 自民系(一部、立ち位置不明)
自民党 4人 自民系
公明党 3人 公明党
共産党 2人 共産党
清廉の志(こころざし) 1人 オンブズマン

 【清廉】の意味
 心が清らかで私欲がないこと。

 政治家に寄付献金はいらないのです。
 政務調査費も必要ありません。
 滅私奉公の精神で、今の政治の形そのものを変えていきたい。
 
 中には、一人では何も出来ないぞ、と言う人がいる。
 逆に聞こう。
 会派の中にあって、何もしてこなかったと揶揄される人たちは何だ?
 会派の中にあって、自分の意見を言えずにいる議員はいないか?

 逆に問おう。
 豊川市の政務調査費は、会派ごとに支払われる。
 政務調査費を受け取らないという公約の私に、合わせられる会派はあるのか?

 逆に言おう。
 多数派に入らないからといって、質問などは他の議員と同様に出来る。
 拘束もなく自由に意見を言える立場こそ、理想的な議員像である。


 ・・・それでもこんな私に、声を掛けてくれた会派もある(有り難うございます)。
 ただ、「君の意見も1つか2つ受け入れたい。それ以上は・・・」 ということだった。
 1つ、2つでも自分の意志を通せるなら・・・と、最大会派や第二会派に動くのが今までの議員の常識なんでしょう。

 しかし私は、党・会派拘束で、議員個人の意志を阻害されてはならないと考えています。
 
 私は、団による取引・調整・妥協という今までの政治のあり方に疑問を持っています。
 良い意見・政策なら、会派など関係なく通すべきだし、会派の都合で「無駄だと思う事も肯定する」ということはあってはならない。


 勿論、「清廉の志(こころざし)」会派?は、誰とも協力しないわけではありません。

 ・政務調査費を受け取らない
 ・公費の不正請求をしない
 ・上記以外の会派拘束はしない

 上記ルールを受け入れられる方なら、誰でも一緒になります。
 会派代表という立場にも執着しない。誰が代表だとかどうでもいい話で、本当に誠実で個々の意志を尊重できる議員が増えて欲しい。

 今は、誰に理解されなくとも良い。

 吉田松陰の言葉を胸に、いつか理想を創るために闘います。

 立志尚特異
 (志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない)

にほんブログ村 政治ブログへ 
| 2011/04/29(Fri)09:45 |
| 議会関係 | comments(6) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search