一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201006« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201008
政治家の政務調査(活動)費。こんな使い道でいいの?
 今回は、豊川市の 政務調査費 (政務活動費)の実態を調べてきました。

 政務調査費とは】
 政務を行うにあたり、色々調べる事は多いので、その為の経費ならば払ってあげようという制度です。
 (政務調査費の無い自治体もあります。)

 そんな政務調査費。
 甘い支出条件と領収証無しで貰えていた為、不正受給し放題の「第2の給与」と批判され、最近では領収証の提出・公開が進んできました。
 本来、行政の不正を正したりする議員が、「何を調査しているか」行政に報告すると言うのは奇妙な話ですが・・・。

 不正を正す議員が少ないこと、不正受給する堕落した議員が多かったことなど、日本の政治の貧困さが招いたと言えます。

 さて、それでは実際何に使っていたか・・・
 政務調査費の不正(検索結果)

 探せばキリがないほど出てきます。そして、残念ながらほぼ全ての党派が問題のある公金受給をしている疑いがあります。


 【豊川市はどうか】
 豊川市は、毎月23000円の政務調査費が認められています。金額は少ない方ですが、情報公開請求をさせてもらいました。

新聞 緑風会 新聞 共産党 本代金と新聞代 同じ本(6冊分ありました)

 新聞代について。(左から1,2番目)
 確かに、新聞からいろいろな情報を得て政策に反映する事もあります。
 しかし、議会事務局では、一般紙から地方紙まで購入されており、議員は誰でも読むことが出来るのです。
 わざわざ会派ごとに購入するのは、議員のコスト意識を疑います。

 書籍について。(左から3,4番目)
 どこか遠くへ視察に行かれるより、よっぽど良いと思います。
 しかし、内容が 喋り方の自己啓発本だったり、同じ本を複数購入するのは政務調査と関係しているとは言い難く、自費で購入すべきものと考えます。
 (同書籍の複数購入は、視察先でのお礼購入の可能性が高い)


 その他にも・・・
 視察土産 緑風会 お菓子代 とみた マニフェスト大賞


 お菓子代。
 視察先へのお礼、必要ともいえますが・・・
 税金を使って「自分の感謝の気持ち」を示すの?

 マニフェスト大賞実行委員会。
 マニフェストの勉強と思われます。
 しかし、大賞の選定や企画実行の為の会議であるなら、豊川市の為になる政務調査と言えるのか。
 そもそも良いマニフェストを見たいなら、インターネットにたくさん出ている。自己啓発本などよりは良いかも知れないが、その分費用も大きく疑問が残ります。
 (この旅行に関する議員の報告記事は出ていませんが、その成果(?)とも言える記事はありました。)


 色々と指摘をさせて頂きましたが、どれも豊川市が政務調査費として認めているもので、即時に不正をしていると言う事は残念ながら出来ません。
 だからといって、何の疑問も持たずこのままとするのは、庶民感覚と乖離していると言わざるを得ない。

 本来、議員の側から 「これで良いのか?」
 と問う声が出るべきです。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2010/07/03(Sat)23:00 |
| 市民オンブズ活動 | comments(4) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search