一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201001« 12345678910111213141516171819202122232425262728»201003
嘘のデータを作る行政、見破らない議員
 引き続き設楽ダム問題。
 設楽ダム中止を求める活動の中で、衝撃の事実が知らされました。

 今まで、水需要を過度に大きくして水不足を言っているだけだと思っていましたが、現在の供給量までも嘘を付いていました。

 水不足の計算は普通、以下のように求められます。

 「供給水量」 - 「水需要」

 ただし、「雨」が多く降れば田畑に(貯まるので)その分の水は使わなくて済みますから

 「供給水量」 + 「雨量の影響」 - 「水需要」  

 単純に言えばこうなります。
 「需要(必要量)」よりも「供給量」が大きければ、水は余分にあるということです。

 しかし、頭の良い(?)担当行政は以下のように計算しました。

 「将来の需要」 - 「過去の需要」 !?

 しかも、「過去の需要」の部分に、降雨量の多かった昭和47年の数字を使いました
 降雨量の多い年ですから、水田には水があふれ、豊川用水から水を引くことも少なかった年です。

 (例)
 水が要らない時の需要を100トンとします。
 水が欲しい将来需要を120トンとします。
 120-100=20トン

 この水がたくさん欲しい年の需要から、あんまり水のいらない年の需要を引いて何が分かるのでしょうか?何も分かりません。無意味な計算です。

 因みに、本来の豊川水系の供給能力など数字で示すとは以下の通り。

 豊川水系の開発済み供給能力は 19,710万t/年。
 「過去の需要」で出された数字は 16,688万t/年。
 設楽ダムで新規に開発する供給量は 1,300万t/年。

 設 楽 ダ ム は 必 要 で す か ?

 この事実は、愛知県への公金支出差止訴訟(裁判)で明らかになったことです。

 言葉は悪いですが、行政は平気で嘘を付くと見ていなければ、こういうものは見抜けません。
 今回の事実も、弁護士さんが需要集計票という別のデータを見ていたときに、「あ、あの数字と同じだ」と気付けたのですが、疑いの目を持っていなければ見過ごしていたでしょう。
 

 現在いる多くの地方議員は、総与党化しており行政をチェックする機能を失っている
 豊川市議会議員からは「行政を信用できないとはどういうことだ!」「失礼だ!取り消せ!」 などといわれた記憶もあります。

 議員の仕事の第一は、行政のチェックです。これは与党も野党も関係なく、一人でも出来ること。
 
 財政破綻した夕張市を見よ。
 仕事の出来ない議員は市民の為にも早々と退場して頂きたいものです。

 そして、行政が嘘のデータを作らなくても良い情況を作り上げていかねばいけない。
 嘘のデータを作らす為に税金を払っているわけではないのだ。

にほんブログ村 政治ブログへ
 
続きを読む▼
| 2010/02/07(Sun)15:30 |
| ダム建設問題 | comments(5) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search