一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
200906« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200908
第45回衆議院議員総選挙
 【8月18日公示-同30日投開票】
 麻生総理が衆議院の解散を決断しました。

 任期満了近くでの解散にさほど意味を感じないのが正直な所ですが、それ以上に与野党の麻生批判にはウンザリします。

 麻生内閣の支持率が上がれば批判をやめ、支持が低くなれば批判する自民党内の反麻生勢力は何なんでしょう。

 たしかに、麻生総理にはガッカリした面もあるが、足を引っ張る自民党内にこそ問題があったのだと思う。
 麻生さんの本を読むと政策一つ一つの賛否は別としても日本のリーダーとして誇らしい考えを持っていると今でも思う。

 一方の民主党も麻生総理に辞めろと言ったり、選挙目的でやめるなと言ったり・・・
 自分たちの選挙のことしか考えていないのか

 【北朝鮮関連船舶への貨物検査を可能にする特別措置法案】を「麻生総理の問責決議をしたから」という理由だけで審議拒否するのは、まさに国のことを考えていない証拠だ。(以前は「成立に前向きな姿勢」を示していたのに、です)。

 言葉一つ一つに信用のない民主党に、利権政治から脱却できない自民党

 それでも民主党の不正は殆ど報道しないマスコミによって、政権交代という幻想が一人歩きして、にわかな期待をもたされている。

 私は、民主党が政権を取り、国政運営に失敗をした後の国政に期待している。

 政策や信念の違いで与野党の議員が離合集散するか、政党政治そのものが壊れるのか。
 予想に反して、民主党が善政を布いてくれるのなら、それも有ですが・・・期待はしていません

 ・・・と、少しネガティブな感じでしか国政を見れない状況ですが、自民党と民主党だけが選択肢ではないし、議員個人で言えば自民党にも民主党にも良い政治家はいる・・・と信じたい。

 少なくとも、現時点で信頼できる政治家がいなくても、投票率を上げて国民の目を多くしてこそ政治に自浄効果をもたらすと信じている。
 その延長線で、政党や組織票に頼らずとも善戦できるような環境を作って、志を持った人物が政治の舞台に参加しやすい状態にしたい。

*政治を正すには国民一人一人の選挙参加(投票)が不可欠です。
*組織(票)を恐れず、もの言える議員を作るにも皆様一人一人の良心からの投票が必要です。



☆皆様、選挙に行きましょう!

*mixiで知り合った西輪キングさんの楽曲です。

★参考・主要政党アドレス★
=与党=
自由民主党
公明党

=野党=
民主党
日本共産党
社民党
新党日本
国民新党
維新政党新風
みんなの党
幸福実現党

| 2009/07/15(Wed)18:07 |
| 選挙 | comments(7) | trackbacks(0) |
前ページ  │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search