一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201701« 12345678910111213141516171819202122232425262728»201703
豊川の治水目標達成と費用対効果
 皆様、豊川(とよがわ)の一鍬田をご存知でしょうか。

 洪水時、豊川で一番高水位となり危ないとされてきた地点です。
 (一鍬田=「ひとくわだ」、河口から約24キロメートル前後上流の地点)

 このほど、一鍬田の河道掘削事業が完了し、新城橋から豊川河口までの掘削事業(国の直轄)も完了しました。

 一鍬田の川幅は100mから150mに大きく拡がり、盛り上がっていた土も4~6m掘削して頂いています。

 一鍬田の河道掘削1 一鍬田の河道掘削2
 (一鍬田のbefore and after)

 これによって、豊川水系の河川整備計画に盛り込まれた治水目標はほぼ達成されることとなります。

 具体的に本事業の治水効果は、戦後最大洪水の際の水位で2m下がる(一鍬田地点)と見込まれています。

 そして、この河道掘削の事業費は、約11億4700万円とのことです。
 (上記は全て、中部地方整備局豊橋河川事務所様で聞き取りした数字)


 一方、設楽ダムの本体工事費は約2070億円です。
 有効貯水量9200万㎥のうち、約20.65%(1900万㎥)が治水目的となっています。
 これを計算すると設楽ダムの治水目的費用は約427.5億円となります。
 (実際の治水勘定では、更に高額となりますが説明を省略いたします)

本体工事費有効貯水量治水用量治水分の%治水分工事費
設楽ダム2070億円9200万㎥1900万㎥約20.65%約427.5億円

 設楽ダムの治水効果は、一番危険とされる一鍬田地点より、約3km上流の治水上殆ど心配のない石田地点(河口より27.6km)で約60㎝水位を下げるとされています。

 ややこしいですが、豊川流域で治水対策をしなければいけない一鍬田地点での治水効果は、設楽ダムでは謳われていませんので、単純に今回の河道掘削と直接対比は出来ません。

 しかし、そもそも安全な石田地点の水位を60㎝下げる効果の設楽ダム。
 最も危険とされていた一鍬田の水位を2m下げた河道掘削。
 (石田地点も10㎝の水位低下。)

 どちらの治水効果が高いと言えるのでしょうか。

 また、ダムはその場所よりも上流で降った雨にのみ治水効果が発揮されます。

 設楽ダムは河口より70km上流で計画されています。
 一鍬田の約24km地点から、約46kmの間で降る雨にダムは無力です。

 設楽ダムの治水費用は、427億5000万円。
 河道掘削の治水費用は、  11億4700万円。

 
 費用対効果は火を見るより明らかです。
 (地元企業に直接受注チャンスが増えるのも、河道掘削事業の方です。)

 設楽ダムを造りたい人たちは、これでも設楽ダムが安いと主張しています。
 それでは、いくらお金があっても足りません。

 財源には限りがあり、インフラの老朽化も激しい状況です。
 現実に合わせた判断を常に政治家はしていくべきです。
 

 * これまでのダム関連記事 (参考)
 
にほんブログ村 政治ブログへ

| 2015/05/30(Sat)12:07 |
| ダム建設問題 | comments(0) | trackbacks(0) |
設楽ダムがいらない理由~取材同行して~
 10月15日、相川俊英さんの取材に同行し、豊川水系を見て回りました。
 その報告をします。

 まず、設楽ダムが必要だと言う国や県の説明では…
 ・アユなど自然を保護し、川の瀬切れも無くす(6000万t)。
 ・戦後最大級の洪水が来た時の治水(1900万t)。
 ・水が足りない(1300万t)。 

 その全てに理由が無いことを示します。

 案内してくれたのは、お二人。
 【三上橋~布里】までを、元愛知大学教授の市野さん
 【布里~ダム予定地】まで元校長先生の伊奈さん。

 【三上橋】からは、現在残っている霞堤(わざと越水させて大きな洪水を抑止する)を見て、また鳥の姿からアユの産卵地であることの説明を受けた。
 つまり、豊川放水路分岐点の「行明」の瀬(河口から12km)~豊川市二葉付近(河口から17㎞)までという。

 国交省(中部地方整備局)が、アユ・ウグイの主要な産卵場所を江島橋下流の瀬(河口から22km付近)として、計測・計算しているのは全くの見当違いというわけだ。


 【新城市豊島浄悦】地点へ移動。 
 新城市豊島から
大きな地図で見る
 右の写真は、地図上のA地点から上流の橋と対岸を見ています。

 対岸の林は地面が標高20mまで盛り上がって、水の流れを阻害しています。
 その結果、戦後最大級の洪水が来ると、堤防ギリギリまで水の来る危険地域(豊川で最も高水位)となります。

 設楽ダムを造ろうが、この茂み部分を削らなくては治水効果は得られません。
 
逆にこの地点を削るだけで、治水関係は改善されるのです。


 大原調整池へ移動。
大原調整池 大原調整池2
 東名高速からも見える堤体、立派なダムです。

 水路からポンプで水を汲み上げる特殊な調整池で、上流に川はありません。
 200万tが貯められ、他の調整池と合わせて大きな役割を果たしています。
 4つの調整池で、供給される年間水量は3900万tにのぼり、近年の渇水状況は一切ありません


 【大野頭首工~布里】へ移動。
 ここの下流部がいわゆる瀬切れ地点となっています。
 大野頭首工で水を取り過ぎているのが原因です。

 本当は、既に瀬切れは解決可能です
 ① 瀬切れを解消する為、寒狭川導水路が作られました。
 (なぜか瀬切れ解決の為に使われず、更に地図からも削除されました。)
 ダムを造りたいから、導水路を地図から消した! 
 クリックで拡大して下さい。
 右の赤〇に、寒狭川導水路の役割が書いてあります。
 左の設楽ダムのパンフでは、導水路が白く修正(消)されています!

 ② 大野頭首工で全ての水を取水する必要がありません。
 森岡導水路を利用することで、瀬切れ箇所から離れた下流部で取水することになり、解決します。 
 導水路略図
 なぜ、森岡導水路を使わないのか?
 森岡導水路は愛知県が作ったから、水資源機構(国)の管轄外だという。

 いい加減、縦割り行政をやめてくれ。
 あれもこれもと、地域で予算分捕り、官公庁で事業を造り合い、いったいどれだけのムダをつくり続けるのだろうか?

 同じ日本なのだから協力・連携しようよ。


 【設楽ダム予定地】へ。
 左の写真は、がけ崩れした箇所。地盤悪いです。
がけ崩れ断層粘土断層粘土2
 真ん中と右の写真は、別のがけ崩れポイント。実は大きな断層です。
 断層特有の粘土帯となっており、指が入り込んでしまうボロボロの地層です。
 国が行った地質調査でも数10mにわたり、真砂土など悪いデータが出ています。
 (国は地質が砂状でも地質が悪いと認めていません。)

 【松戸地区】は左右に尾根がある特殊な地形(線状凹地)。
大名倉 大名倉2  
 地盤が悪いと先祖代々言い伝えられている松戸地区。
 ダムが出来れば集落ごと地すべりし、最悪ダム湖に吸い込まれるのではと心配する。
 この松戸の端の尾根に、設楽ダムの堤体がくっつく。
 その細い尾根を歩くと約1億tの水に耐えられるとは、到底思えない。

 ダム堤体が付く場所に降りても、幅は20メートルも無いぐらいか。


 岩盤の強い箇所まで削って作るにも、削る幅が無い
 アンカーボルトで補強しようにも、反対側に突き抜けてしまう。

 人命を奪った藤沼ダムを想像せずにはいられなかった。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2012/10/22(Mon)07:30 |
| ダム建設問題 | comments(0) | trackbacks(0) |
設楽ダム建設予定地の地質
 11月19日に国土問題研究会の報告があり、私も参加させて頂きました。
 かなり専門的な説明も多くあり、伝えることが非常に難しい。

 それでも、これだけはと言う所を抜粋して紹介したいと思います。 

 
 国は昭和53年から地質調査をはじめ、平成4年の「設楽ダム地質調査検討業務委託報告書」にいくつか懸念事項を掲載していた。

 <ダムサイトの懸念事項>
 ① ダムサイト近傍地域の地質及び地質構造を把握(断層の性状と連続性)。
 ② ダムサイト付近の岩盤・緩み状況風化・被覆状況を把握。
 ③ 松戸集落から西に向けて二重山の成因(大規模な地滑り懸念)を把握。
 ④ ダムサイト上流左岸部に第三紀層と先第三紀層の境界を把握(漏水懸念)。

 <貯水池の懸念事項>
 ① 貯水池左岸に第三紀層が発達しており漏水懸念があり、追加調査必要
 ② 地滑り・崩壊の懸念

 追加調査の必要性が指摘 されているが・・・。
 現在まで調査が行われることなく「安全」 として建設を進めようとしている。


 平成21年度の「設楽ダム地質総合解析業務委託 報告書」もひどかった。
 「孔内傾斜計測」の項があり、問題なしと報告されているのだが・・・。

 これは、地中の変位量を計測したものですが、大きな変位を示していたのにもかかわらず、これを無視していた。カラクリはこうだ。

 弓を想像してほしい。

 弓を真っ直ぐ立てた時、両端を比べるとほぼ揃う。これが「問題なし」の根拠
 実際には、弓は真ん中に近づくと大きく歪み、先端と真ん中ではズレが生じる。これが本当の結果であった。

 つまり、途中にあった地中の変位量を無視 して、先端のみを比べて安全としたのだ。(このズレ方は地層の特徴にも合っていた)
 これは、「建設する」という結論ありきで調査した報告書であり、日本全体の問題だと言えるだろう。

 疑って掛からないと、議員は務まらないなと改めて思った(悲しいけど)。

 また、今までボーリング調査地などで「崩れるから危ない」と我々の現地調査を断っていた横穴もついに見る事が許された。
 その奥には…綺麗な砂が詰まっており、亀裂による空洞を埋めたかのよう。

 なぜ空洞を埋めないといけないのか?
 それは、亀裂や空洞が漏水や地盤の悪さを示すからだろう。

 なぜ、此処に砂が詰まっているのかを問い質すと、随行した専門官は「分かりません」。
 専門官とは何だ?と問えば、 「課長と係長の間です」とのこと。

 これで「安全です」とは、怒りを通り越して笑いが出てしまう。
 他にも色々あるが、長文となるため割愛します。しかし、これだけは伝えたい。

 
設楽ダムは不要どころか危険なものです。

にほんブログ村 政治ブログへ
| 2011/11/21(Mon)23:45 |
| ダム建設問題 | comments(0) | trackbacks(0) |
出席者(市長)も無駄と認めた「設楽ダム建設事業、検討の場」
 本日は、尖閣署名の話題ではなく、設楽ダムの建設問題について。

 以前、
政府の出した【個別ダムの検証計画】はダム推進にしかならない と書かせて頂いた。その検証する場が、豊橋にて開催されました。

 題して・・・
 
「設楽ダム建設事業の関係地方公共団体からなる検討の場」

 参加者は以下の通り。
 愛知県副知事
 豊橋市長
 豊川市長
 蒲郡市長
 新城市長(代理出席で副市長)
 田原市長
 設楽町長
 中部地方整備局長、及び河川部長

 そうそうたる顔ぶれである。そして、全員ダム推進である。

 とはいえ、予断を持たずにダムの是非を検討するのが今回の企画
 私も会場へ、傍聴に行って参りました。

 会場となった、カリオンビルに到着すると、伊奈紘
さんが。
 伊奈さんと共に【傍聴者席】に座り、開会を持っていると、前々設楽町長とダム推進派の現町議数人が【関係者席】へ

 そこへ、ダム反対派の現職高森設楽町議も登場。
 ・・・私たちの前に座る。
そこは 傍聴席です!!

 クラ 「関係者席はあちらですよ」
 高森 「私は呼んで貰ってないんですよね」

 
!?

 ダム反対だと部外者なんでしょうか・・・。何らかの手違いだと信じたい。

 
気を取り直して、議事の中身に話を進めたい。
 設楽ダム建設事業の関係地方公共団体からなる検討の場 設楽ダム検討の席順

 まず、「豊川流域の概要などについて」、資料と共に中部地方整備局から説明があった。
 資料を見て欲しい(赤線部)。
     その1                 その2
ピークは7100mmm ピークは4650でした  
 
(* 流量=時間当たりに流れた水の量です)

 同じ戦後最大の洪水を想定しているのに、毎秒7100㎥と言っているものが、2ページ後には4650㎥に下がった。

 その1の資料では、毎秒3000㎥の水量を調節して、4100㎥にまで落としたいとしている。
 その2の資料で、本当は最大4650㎥/sというのだから、毎秒550㎥調整すればOKってことになる。

 
でも、誰も指摘しない。
 傍聴者に発言権は無いので、偉い市長さんたちが言うしかないのに、質問もなし。
 パッと見でおかしいと思わないのか(「ピーク流量」と「最大流量」の違いは何?)。
 批判でなく、「この数字の変化はどういうことですか?」と聞ける筈だし、聞くべきだ。

 この茶番はいったい、何なんだ??

 各市町の関係者が何十人も集まって、税金を貰いながら無駄な会議じゃないか。

 
最後に、出席者の主な発言を最後に記述します(私のメモの要約です)。
発言者発言内容
愛知県
副知事
・ダムを造るのが一番いい。一切この考えは揺るがない。
・早くダム推進の結論を出して予算をつけよう。
豊橋市長・簡単にダムとダム以外の治水対策の比較はできない。
・川の景観が損なわれるのは困ると言う意見もある。
・設楽町と協力していく。
・三河の山は保水力が弱い(根拠不明)
豊川市長・いま設楽ダムの進捗率は23%。
・進めてきた以上、今さら止めようというのは冒涜だ。
蒲郡市長・何を検証するのか分からない。
・ダム推進するしかないので、この場は意味が無い。
新城副市長・もう十分、設楽ダムの是非は検証してきた。
・設楽ダムは必要不可欠だ。
・水没地域の住民の不安を早く解消して⇒ダム推進で不安解消。
田原市長・いつでも必要な時に、必要な分の水が欲しい。
・海への影響も考えて欲しい。
設楽町長・設楽ダムは、全国で一番の検証済みダムだ。検討の場は不要。
・36年、設楽ダム問題で苦悩し、苦痛だった。全て下流域のため。
・36年間を無駄にしたくない。後戻りできる訳が無い。
・ダム計画=国を信用してきた。今さら中止とか言うな。
 
 豊橋市長だけが今回の会議の趣旨を理解して、「予断を持たない」「反対意見も考慮」した発言をされていました。

 設楽町はダム建設地という事で非常に饒舌でしたが、「国を信用」とか「下流域の人のため」とか、全部他人のせいにしているのが印象的でした。

 小さくとも政治家、町のリーダーである。
 ダム推進者とはいえ、もっと自分の責任と考えで訴えて欲しかった。

 あとは、「今さら」だとか「過去を無駄にしない」という思考停止の首長発言が目立ち、本当に無駄な会議だと思いました。

 過去の事も大事ですが・・・

 未来のことを考えてダムの是非を検討して欲しい。

にほんブログ村 政治ブログへ 
| 2010/11/26(Fri)22:17 |
| ダム建設問題 | comments(7) | trackbacks(0) |
民主党、ダムの建設推進へ。
 政治と金、米軍基地問題、外国人への個別補償(日韓基本条約を無視)などなど、民主党の駄目な所は沢山あった。
 それでも、ただ一点。

 無駄なダム事業の凍結・見直し に期待をしていた。

 今も期待している人はいるだろうか。
 そんな人たちに残念なお知らせである。

 タイトルどおり、民主党はダムの推進を進めだしました。

 その根拠は7月14日、国土交通省・河川課 より出された。
 今後のダム事業などをどうするか。前原大臣の命を受けた有識者と言われる人たちが、非公開で議論 してきた 中間取りまとめ(案)を発表した のだ。

 「非公開だから怪しいな」と思っていたら、やっぱり。

 詳しくは、次の2点に書かれていますが・・・ 問題部分のみ抽出します。
 中間とりまとめ(案)(pdf,599.0KB)
 個別ダム検証の進め方等について(pdf,732.0KB)
 
【検証の進め方のポイント】
 検証に係る検討に当たっては、科学的合理性、地域間の利害の衡平性、透明性の確保を図ることが重要であり、検討主体は、各地方において次のような進め方で検討する。

(1) 「関係地方公共団体からなる検討の場」を設置し、相互の立場を理解しつつ、検討内容の認識を深め検討を進める。

(2) 検討過程においては、「関係地方公共団体からなる検討の場」を公開するなど情報公開を行うとともに、主要な段階でパブリックコメントを行う。

(3) 学識経験を有する者、関係住民、関係地方公共団体の長、関係利水者の意見を聴く。

 検討主体は、検証の対象となるダム事業の対応方針の原案を作成し、事業評価監視委員会の意見を聴き、対応方針(案)を決定する。


 つまり、「ダムを造るか、中止するか」は以下のように決定される。

 (1) 関係地方公共団体がメインで検討会(主体)を作る
 → 地方公共団体は建設推進です。オラが村に公共事業を~の精神です。

 (2) 市民の意見(パブリックコメント)は貰う。でも今まで反映された事は殆どない
 → 聞いたフリだけなら、無意味どころか無駄です。

 (3) 学識経験者は御用学者を揃える。関係住民も推進派から選べばいい。首長は推進派。
 → そういえば、この中間取り纏め案も殆どダム推進派の有識者で作られましたね。


 これで、ダムが止められると思うなら、今頃もう既に止まっている。

 なぜ、一言「ダム推進派と反対派の学識経験者を同数とする」とか付け加えられないのか。
 なぜ、検討主体を推進派にゆだねるのか。
 なぜ、この有識者会議に、ダム見直し派が一人(嶋津暉之氏)だけだったのか。


 民主党がダムを推進したいからだ。

 ダム推進なら、それはそれでいい。
 だけど、嘘を平気でつくな。公約で国民を騙すな。

 違うと言うなら、 ダム推進にしかならない「中間とりまとめ(案)」を撤回 すべきだ。
 民主党議員に信念のあるダム反対派がいるなら、声を出すべきだ。
 ダムに反対しつつも民主党を応援している地方議員も、これを問題視するべきだ。

 ポーズだけの人間がどれだけ多いか。これで分かるでしょう。

 最後に・・・
 今まさにダム予定地の土地強制収用が行われようとしている小豆島・内海ダム。
 こんなに綺麗で日本の宝ともいうべき自然を民主党が壊そうとしているよ
 
 内海ダム問題の詳細は こちら

応援クリックお願いします↓ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
| 2010/07/16(Fri)14:30 |
| ダム建設問題 | comments(6) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search