一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201708« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201710
豊川市が漫画で市民に訴えます。「作り過ぎた公共施設の維持問題」
 作り過ぎたハコモノには、その維持や耐用年数からの建て替えのため、半永久的に膨大なお金が必要とされます。
 放っておけば、トンネルの天板崩壊よろしく色々な不幸が重なるでしょう。

 私は今まで、「市民がもっと関心を持たなければいけない」と言って来た(つもり)。
 それには、二つの側面がある。

①市民が無関心だと、未来を《議員行政の良心》という不確実でアテにならないものに託すという事になる。
②市民の無関心による「あれ欲しい、これも欲しい」というオネダリ要望政治が主流となり、議員・首長の判断を鈍らせる。

 「おいおい、それも含めて議員は賢明な判断するのが仕事だろ?」と怒る人もいるでしょう。
 けれど、【市民のレベル以上の議員は存在しない】という民主主義選挙の根底を考えれば、「期待はしても」「確実性などない」と言う他ありません。

 政治の責任は、議員の責任であると同時に市民(有権者)の責任です。
 議員には、《議員としての責任》と《有権者としての責任》二つあるのですが、やはり【根本は有権者としての責任】だと私は思います。

 私は「有権者の責任」から「被選挙権(立候補)」という権利を行使して、責任を果たそうとしているに過ぎないのです。

 前振りが長くなりました。
 そんな大事な「市民の関心(理解)」を高めようとする試みが豊川市で実施されました!
 【公共施設作り過ぎて、このままでは維持できない】ということを分かり易く、取っつき易い《漫画》で表現されたのです。
公共施設マネジメント 公共施設マネジメント2 ←クリックで拡大
(8月15日付けの広報と一緒に、全戸配布される予定です。)

 実は昨年、総務委員会でさいたま市に視察をさせて頂いたときに、紹介されたのが《漫画》という手法でした。
 さいたま市の漫画パンフレット(PDF)
 (↑こちらも是非、ご一読を。)

 私も視察報告書の中で、「住民への周知の方法(漫画冊子やワークショップ)も取り入れるべく検討していきたい。」と綴り、
 総務委員会の総意としての報告書でも「なぜファシリティマネジメントに取り組むのか、絵や漫画を交え、丁寧にわかりやすく説明していただきたい」と市に提言がされていたところです。

 本当に、嬉しく思います。

 《惜しい点》
 今回の漫画冊子は、豊川市が市民の関心を深めるための革新的な一歩を踏み出したと評価します。
 しかし、以下の2点について注意して欲しいと、担当課に意見してきました。

① 漫画でやるターゲットは、市政にあまり興味のない人達であることを踏まえて、専門用語「公共施設マネジメント」などを平易な言葉に直すなど、誰が読むかを意識して欲しい。
② 今回の内容では、施設関係のみで「他の財源も厳しい」事が分からず、楽観的観測(逃げ道)を想像する人も出かねない。市財政全体の視点も入れつつ、作って欲しい。

 担当の管財契約課からは・・・
 「色々な議論を頂きながら良いものにしていきたい。宜しくお願いします」と返事を貰いました。

 市民からも様々な意見をして頂けると幸いです。
 (クレームではなく、もっと良くなるような前向きな意見を)

 行政が、「市民に関心を」とせっかくボールを投げてくれたのです。
 それに少しでも応えて行きましょう!

にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
| 2014/08/09(Sat)14:22 |
| 政治経済 | comments(2) | trackbacks(0) |
<<誤診と名医と自分 │ ホーム │ 新城市議会の迷走について>>
箱物
箱物を作る側がこんなことをするとは意外でした。要は、この漫画をどのようにして多くの人に読んでもらうか、広報に載せ、お堅い役所やお堅い箱物のロビーに並べるだけでは、政治行政のパフォーマンスになるだけ、たとえば先のB級グルメのような機会を活用するとか、つまり、関心が政治行政とは程遠いところにいる人にターゲットを絞るぐらいの覚悟でやってほしい、また、箱物に勤務する職員には罪はない、漫画(私は中身を見てないのでわかりませんが)を見た子供たちが、お前の(母)父さん箱物で働いてる、税金で無駄な仕事してる、なんていじめの原因にならないように細心の注意を払ってほしい、、豊川市民じゃないのに失礼しました、支障あれば削除してください
丸山正志 URL #2coTu/iY[ 編集] │ 2014/08/13 08:59 │
コメント、ありがとうございます。
漫画は記事の真ん中くらいに張り付けてあります。
さいたま市のものも、豊川の漫画画像の下の辺にリンクさせてあります^^
(良かったら、両方見て下さい)

漫画は全戸配布されるので、基本的には全市民の家に行きわたります。あとは仰るように、無関心の方が目についてしまうような様な場所に置ければなお良しですね!
│ クラ URL #-[ 編集] │ 2014/08/13 09:15 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search