FC2ブログ

一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201906« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201908
2019年6月議会 一般質問(海軍工廠跡地売却プロポーザル)
 2019年6月議会の動画が完成しました。
 また、3月と6月議会の議会報告も完成し、7月中旬頃から配布予定です。
 *以下動画は、活動報告紙を見ながらご覧ください。

【海軍工廠跡地売却のプロポーザル】


2019年3月に最優先売却候補が津田工業株式会社に決定されました。
このプロポーザル審査の情報公開態度に疑義を質し、審査委員や議事録などが公開されることになりました。

公開された文書から、審査員の得点が一部、真逆の評価をし合う部分や、議事録の疑問などを質しました。

今回の質問の趣旨は、外部から見ても豊川市は「公平な審査」をしていく、或いは議会にそのことを重視する人間がいると示すことでした。

そしてそれが、多くの企業が豊川市の行う事業・入札などに参加したいと思って貰える環境をつくることになると思っています。



| 2019/07/01(Mon)17:01 |
| 議会関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年3月議会 一般質問(寄付文化の醸成)
 今年3月の一般質問動画を作成しました。
 (2019年3月の議会報告は、市議会選挙立候補の為、6月議会と合わせて作成いたします。)

 【寄付文化の醸成について】 


 過剰な返礼品合戦などが話題になったふるさと納税制度ですが、豊川市の取り組みは、かなり真面目で財政にも負担をかけずに行われています。
 その姿勢を応援し、少しでも意味のあるふるさと納税制度となるよう質問と提案をしました。

 特に、23分頃より議題としたガバメントクラウドファンディングは「返戻品無し」「個別事業に直接寄付(賛同)できる」もので、民主主義社会にふさわしい取り組みでした。
 ここに、起業家支援を組み込ますなど、豊川市の経済発展・活性化にも通じる政策パッケージとすることを今後も提案していきたいと思います。

*参考
ふるさとチョイス(豊川市)

| 2019/05/20(Mon)16:41 |
| 未分類 | comments(0) | trackbacks(0) |
未だ見ぬ後継者へ
 人はいつ自らの「終わり」を迎えるか分かりません。
 生命としての「終わり」、任務としての「終わり」、様々あってどのような最期を迎えるか分からない。

 先日ある方とお話して、「貴方がいなくなった先は」と問われました。
 何故、今の行動をしているのか。のちに続く人がいるかもしれない、その人たちにヒントを遺した方が良いのでは?と。

 なるほど。確かに。
 ということで、ざっくり自分の考え方・行動をひも解いてみました。


 理念的なこと。
 「地球が第一である」
 →人はそこに住まわせてもらってるだけで、その土台を大切にできなければ人類だけでなく、すべての生物の終わりを迎える。

 「7代先の子孫の為に」
 →「今が良ければいい」は、未来の子孫に影響するだけでなく、その考え自体が「地球を蝕む」から。

 判断基準・活動 
 「道理が通るか、公平であるか」
 →真っ当の競争の中でこそ、初めて人も企業も成長する。

 「常識・既成事実を疑う」
 →時代でうつろう常識に、必ずしも正解や真実がある訳ではない。誰かが覆さない限り、何も覆らない。

 「議会報告を配る」
 →選挙という上辺だけの情報で投票すれば、政治レベルは下がり、未来はより暗くなる。「政治家が何を考えているのか」広範の人が自然と手にできる媒体で知らせる義務がある。

 「批判に対する姿勢」
 →共通の理解が出来ない人は必ずいる。理解を得るのが難しいのなら、そこに時間は使わず、未来に動ける人へ時間を使う。

 番外 
 「私は馬鹿である」
 →元々、私は学校の成績も悪く、今の立場になるなど夢にも思わなかった。誰もが「心が動いたとき」、きっと何ものにもなれます。

 「無力であることも自覚する(肩の力を抜く)」
 →お釈迦様でも世の中を変え切れなかった。しかし、その教えは引き継がれている。いつか自分も誰かのための、小さなバトンになれていたら良いなと思っています。
 

| 2019/04/29(Mon)13:58 |
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
海軍工廠跡地売却に関する情報公開の結果
 昨年、12月議会で一般質問した工業用地売却プロポーザルの募集要項が非公表前提で作られていた問題。

 議会では豊川市情報公開条例や過去の個人情報保護審査の結果などから、是正するよう求めていました。
 また、3月にこのプロポーザルに関わる資料の情報公開請求時には、「審査委員や議事録など非公開にするなら異議申し立てをするつもりです」と半ば脅しのような忠告もさせて頂きました。

 結果は… 
当初提案結果
審査委員名非公開公開して下さい公開
議事録非公開公開して下さい公開

 採点表もどの評価がどの委員のものかは伏せられたものの、個別の採点表も開示されました。
 一方、雇用計画の人数が黒塗りという残念な部分もありましたが、他市でも雇用計画は非開示が妥当とすることもあり、仕方ないか。

 では、審査委員は誰だったのか。
 3名が市役所の部長級。
 1名は市と関係の深い土地開発公社の監事。
 そして1名が大学教授という非常に官民バランスの悪い審査会でした。

 また議事録を読むと、落ちた企業は「インキュベーション(起業家を支援する)施設」を売りにしていたが、第一回会議の冒頭で事務局から「ダメ出し(建設できない等)」されていた。
 本当に工場と一緒に立てられないのか・・・?この時点で結果が決まったかのような一幕に見える。
 プロポーザル議事録
 ただ、結果として津田工業様の本社機能という面が評価されたのは理解できました。
 
 開票
   津田PR シントウPR

| 2019/04/25(Thu)23:33 |
| 市民オンブズ活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
豊川市議会議員選挙に当選を致しました
 4月21日投開票されました豊川市議会議員選挙。

 2,265票を頂き、当選することが出来ました。

 投票率が下がる中、私のような組織も地盤も持たない候補が当選をさせて貰えるのは、非常に有難いことだと思います。

 また、ポスター貼りからウグイス、お手振りなど選挙戦を手伝っていただいた皆様には感謝しかありません。
 公職選挙法では、現実世界ので当選御礼、祝勝会は禁止をされていますので、今後の活動で今回のご恩を返していきたいと思います。

 そして、有権者の皆様には、私も含め当選した議員を厳しく見ていって頂ければと思います。

 議員を育て、或いは排除できるのは、有権者の皆様の厳しい目しかありません。
 皆様と共に、より良い豊川市政、特に無駄使いの撲滅を目指し、活動してまいります。
 
 本当にありがとうございました!
 
| 2019/04/22(Mon)03:38 |
| 選挙 | comments(4) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search