FC2ブログ

一月三舟
世の中、いろんな事があり、いろんな見方がある。いろんな人間もいる。豊川市議会議員:倉橋英樹のblogです。
201910« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201912
表現の自由って何?「あいちトリエンナーレ」と「文化勲章」に対する違和感
 あいちトリエンナーレ「表現の不自由展-その後-」が再開されました。

 昭和天皇を焼く映像作品についての是非は以前Facebookで書きました。

 今回は、税金で芸術家や作品を選別することについて、書きます。

 津田監督などは、政治(役所)が各芸術に対して、補助金を出すか出さないか決め、或いは文句を言うのは、表現の自由を侵害するといいます。
 確かに、と一定の筋は通っているように感じます。

 しかし、そうであるなら…
 「文化勲章」で公が芸術家を評価することもやめるべきではないか。
 「文化勲章」を貰った人はほぼイコール「文化功労者」として年金350万円が支給されています(一部辞退者がいる)。

 この年金支給は憲法14条3項「勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない」に違反しているようにも見えます。
 参考/文化勲章と文化功労者の関係(Wiki)

 これこそ、憲法違反をしてでも行われる「芸術家の優劣を国が決め、年金まで支給して応援する芸術の選別・差別」ではないか。

 「表現の不自由展-その後-」に対する税金の不支給決定などが表現の自由の問題であるとするなら、「文化勲章(文化功労者)」の芸術家への授与も禁止するべきです。
 突き詰めていけば、公立美術館での作品展示も、その作品や芸術家を選別しており、選ばれない芸術家への差別だとも言われかねません。

 そうした場合、国が(公金で)どう文化芸術の推奨支援をするのか、根本的な議論が必要だと思います。


 もし、「文化勲章などは税金の支出(芸術家への応援)であって、表現の自由とは違う問題だ」というのならば、展覧会に税金を支出するか否かの判断も、表現の自由とは違う問題になると思います。

 そもそも、民間で行う展覧会に、国も政治家も異論は言っていません。
 表現の自由は守られ、検閲もされていない。自由に発表もされているのではないでしょうか。

| 2019/10/09(Wed)12:12 |
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年9月議会 一般質問(有機農業などの普及促進)
 2019年9月議会の動画が完成しました。
 また、9月議会報告紙も完成し、10月中旬頃から配布予定です。
 *以下動画は、活動報告紙を見ながらご覧ください。

【 循環型社会の為の有機農業等の普及推進】


 遅れていると言われる日本も含め、世界的に有機食品の市場はこの10年で1.5倍に増えています。減農薬減化学肥料のものはさらに拡大しているものと思われます。
 一方で、愛知県は全国平均よりも4割ほど遅れている状況であり、県も有機農業希望者に慣行農業を勧めるなど、その取り組みに疑問を持つ部分も明らかになりました。

 もちろん経営的に、有機農業がまだ勧められないとしても・・・
 経営が成り立つように技術開発や指導体制をつくるように、というのが国の法律で求められています。
 この点を県に対しても求めていかなくてはならないと感じました。

 *有機農業の取組面積
取組面積有機割合
日本全体10,000㌶0.5%
愛知県220㌶0.3%
豊川市0.92㌶0.1%以下


 また、動画の28分頃に「学校給食に有機農産物などを」との質問で、「形が揃っていないこと」が課題として出てきました。
 一般の市場などでも、不揃い品は「くず野菜」として扱われるか、捨てられる現状もあります。
 しかし、その画一的なものを求めることは、「人間社会での多様性を認めない教育の部分でも悪影響があるのでは?」とも感じます。
 単なる、栄養や食事に対する教育だけではない、人やより良い社会道徳などを考える食育につながる部分かな、と思います。

 また、質問はしませんでしたが、今後有機農業などの普及には、慣行農業者との相互理解(雑草の処理、農薬の飛散など)、共存関係を築けることが地域農業にとって重要な課題に思います。
 また、その課題には調整や仲立ちなど行政だからこそ出来ることがあると思います。

 【参考】
 *有機農業をめぐる事情(2019年8月版)

 *有機農業の推進に関する法律
 *有機農業の推進に関する基本的な方針

| 2019/10/08(Tue)10:34 |
| 議会関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年6月議会 一般質問(海軍工廠跡地売却プロポーザル)
 2019年6月議会の動画が完成しました。
 また、3月と6月議会の議会報告も完成し、7月中旬頃から配布予定です。
 *以下動画は、活動報告紙を見ながらご覧ください。

【海軍工廠跡地売却のプロポーザル】


2019年3月に最優先売却候補が津田工業株式会社に決定されました。
このプロポーザル審査の情報公開態度に疑義を質し、審査委員や議事録などが公開されることになりました。

公開された文書から、審査員の得点が一部、真逆の評価をし合う部分や、議事録の疑問などを質しました。

今回の質問の趣旨は、外部から見ても豊川市は「公平な審査」をしていく、或いは議会にそのことを重視する人間がいると示すことでした。

そしてそれが、多くの企業が豊川市の行う事業・入札などに参加したいと思って貰える環境をつくることになると思っています。



| 2019/07/01(Mon)17:01 |
| 議会関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年3月議会 一般質問(寄付文化の醸成)
 今年3月の一般質問動画を作成しました。
 (2019年3月の議会報告は、市議会選挙立候補の為、6月議会と合わせて作成いたします。)

 【寄付文化の醸成について】 


 過剰な返礼品合戦などが話題になったふるさと納税制度ですが、豊川市の取り組みは、かなり真面目で財政にも負担をかけずに行われています。
 その姿勢を応援し、少しでも意味のあるふるさと納税制度となるよう質問と提案をしました。

 特に、23分頃より議題としたガバメントクラウドファンディングは「返戻品無し」「個別事業に直接寄付(賛同)できる」もので、民主主義社会にふさわしい取り組みでした。
 ここに、起業家支援を組み込ますなど、豊川市の経済発展・活性化にも通じる政策パッケージとすることを今後も提案していきたいと思います。

*参考
ふるさとチョイス(豊川市)

| 2019/05/20(Mon)16:41 |
| 未分類 | comments(0) | trackbacks(0) |
未だ見ぬ後継者へ
 人はいつ自らの「終わり」を迎えるか分かりません。
 生命としての「終わり」、任務としての「終わり」、様々あってどのような最期を迎えるか分からない。

 先日ある方とお話して、「貴方がいなくなった先は」と問われました。
 何故、今の行動をしているのか。のちに続く人がいるかもしれない、その人たちにヒントを遺した方が良いのでは?と。

 なるほど。確かに。
 ということで、ざっくり自分の考え方・行動をひも解いてみました。


 理念的なこと。
 「地球が第一である」
 →人はそこに住まわせてもらってるだけで、その土台を大切にできなければ人類だけでなく、すべての生物の終わりを迎える。

 「7代先の子孫の為に」
 →「今が良ければいい」は、未来の子孫に影響するだけでなく、その考え自体が「地球を蝕む」から。

 判断基準・活動 
 「道理が通るか、公平であるか」
 →真っ当の競争の中でこそ、初めて人も企業も成長する。

 「常識・既成事実を疑う」
 →時代でうつろう常識に、必ずしも正解や真実がある訳ではない。誰かが覆さない限り、何も覆らない。

 「議会報告を配る」
 →選挙という上辺だけの情報で投票すれば、政治レベルは下がり、未来はより暗くなる。「政治家が何を考えているのか」広範の人が自然と手にできる媒体で知らせる義務がある。

 「批判に対する姿勢」
 →共通の理解が出来ない人は必ずいる。理解を得るのが難しいのなら、そこに時間は使わず、未来に動ける人へ時間を使う。

 番外 
 「私は馬鹿である」
 →元々、私は学校の成績も悪く、今の立場になるなど夢にも思わなかった。誰もが「心が動いたとき」、きっと何ものにもなれます。

 「無力であることも自覚する(肩の力を抜く)」
 →お釈迦様でも世の中を変え切れなかった。しかし、その教えは引き継がれている。いつか自分も誰かのための、小さなバトンになれていたら良いなと思っています。
 

| 2019/04/29(Mon)13:58 |
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ
PROFILE

倉橋英樹

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
search